コンテンツにジャンプ

農福連携について

登録日:2021年4月13日

 いわき市では、地域社会が抱える様々な問題を解決するためのアプローチの一つとして、農福連携を推進しています。農福連携を通じて、地域共生社会の創出を目指します。

農福連携とは

 農福連携とは、障がいのある方等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組です。
 農福連携に取り組むことで、障がいのある方等の就労や生きがいづくりの場を生み出すだけでなく、担い手不足や高齢化が進む農業分野において、新たな働き手の確保につながる可能性もあります。
 近年、全国各地において、様々な形での取組が行われており、農福連携は確実に広がりを見せています。いわき市においても幾つかの取組が既に実施されており、今後益々の拡大が期待されます。

 

 本市における農福連携の推進体制

  農業と福祉の両分野に資する農福連携の取組を推進し、本市における共生社会の創出を図るため、令和3年4月1日付でいわき市農福連携推進協議会を設置しました。構成員は以下のとおりです。

【構成員】

いわき市(農政流通課、生産振興課、林務課、水産課、障がい福祉課、商業労政課)、福島さくら農業協同組合、福島県授産事業振興会、福島県いわき農林事務所

【アドバイザー】

全国農業協同組合連合会福島県本部、福島県農業協同組合中央会

 

いわき市農福連携パンフレット

 農福連携の基本的な情報について周知・啓発活動を行うため、いわき市農福連携パンフレットを作成いたしました。

いわき市農福連携パンフレット (1MB)(PDF文書)

 

リンク集

(農林水産省)https://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/kourei.html

(農福連携等応援コンソーシアム)https://noufuku.jp/

このページに関するお問い合わせ先

農林水産部 農政流通課

電話番号: 0246-22-7471 ファクス: 0246-22-7489

このページを見ている人はこんなページも見ています

    このページに関するアンケート

    このページの情報は役に立ちましたか?