コンテンツにジャンプ

いわき産「栗」の基準値超過について(平成29年9月22日)

登録日:2017年9月22日

いわき産「栗」の基準値超過について

 平成29年9月19日に採取し、県の緊急時環境放射線モニタリング検査を実施した結果、いわき産「栗」から基準値100Bq/kgを超過する放射性セシウム110Bq/kgが検出されました。 

当該生産者への出荷自粛の要請

 当該生産者に対しては、平成29年9月22日付けで県から「栗」の出荷を差し控えるよう要請しました。

出荷自粛要請を当該生産者のみとした理由等

 本年度のモニタリング検査の結果、いわき市内の他の4ほ場の「栗」はいずれも低い値となっていること、かつ、当該ほ場の検体のみ特異的に高い値を示していることから、生産地域の広がりのない事例であると県で判断し、出荷自粛については、当該生産者のみとなっております。

 なお、当該ほ場で生産された「栗」は流通・販売されておりません。

外部リンク

 

このページに関するお問い合わせ先

農林水産部 農政流通課

電話番号: 0246-22-7471 ファクス: 0246-22-7489

このページを見ている人はこんなページも見ています

    このページに関するアンケート

    このページの情報は役に立ちましたか?