メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

新型コロナワクチンの接種に関するお知らせ

問い合わせ番号:16112-8242-8699 更新日:2022年5月20日
 重要なお知らせ

● 3回目の接種体制の見直しについて
▷ファイザー社製ワクチンへの順次変更
集団接種:4月21日から、モデルナからファイザーに切り替えます。
個別接種:5月16日の週から、ファイザーの接種会場を増やします。

▷ 接種体制の縮小
集団接種:5月30日の週から実施日を週2回(金・土)に縮小します。
個別接種:5月30日の週から、接種回数を約3,000回/週に縮小します。
詳しくはこちら(PDF文書)

● 療育手帳所持者等を対象とした集団接種会場でのワクチン追加接種(3回目)の実施について
▷5月28日(土)午前に実施します。予約受付期間は5月23日(月)までです。詳しくはこちら(内部リンク)をご確認ください。

3回目接種(12歳~17歳)のワクチン種類について
▷ 12歳から17歳の方はファイザー社ワクチンのみ接種可能です(武田/モデルナ社ワクチンは接種出来ません)。予約の際はご注意ください。

予約の空き状況について
▷ 1、2回目接種予約の空き状況は、こちら(内部リンク)をご確認ください。
▷ 3回目接種予約の空き状況は、こちら(内部リンク)をご確認ください。

3回目接種予約のキャンセル待ち登録について
▷ 3回目接種予約のキャンセル待ち登録は、
こちら(内部リンク)をご確認ください。

小児接種(5~11歳)に関する相談窓口について
▷ 福島県では小児接種向け相談窓口を開設しています。こちら(内部リンク)をご確認ください。

20220513

 

ワクチン接種の概要

 いわき市では、予防接種法に基づき、新型コロナウイルス感染症のまん延を予防するため、新型コロナワクチンの接種体制の整備に取り組んでいます。 
また、接種を受けることは強制ではなく、同意がある場合に限り行われます。ワクチン接種を受けないことによる差別や不当な対応がないよう、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 新型コロナワクチンに関する最新の情報やQ&Aについては、首相官邸及び厚生労働省のホームページに掲載されていますので、ぜひご覧ください。

関連リンク

 

接種対象者

 

 妊娠の可能性がある方や妊娠中の方、授乳中の方、新型コロナウイルスに感染したことがある方もワクチン接種を受けることができます。詳しくはこちら(外部リンク:厚生労働省HP)をクリックしてご確認ください。 

 

ワクチンの種類・接種間隔

 使用するワクチンはファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンで、いずれも接種費用は無料です。
 ファイザー社のワクチンの場合は、1回目の接種から標準で21日後に2回目の接種を、武田/モデルナ社のワクチンの場合は、1回目の接種から標準で28日後に2回目の接種となります。
 また、3回目接種は、2回目の接種から6か月以上経過後に接種することができます。

  • 1、2回目と3回目とで異なるメーカーのワクチンを接種する「交互接種」については、こちら(内部リンク)をご確認ください。

 

接種券の発送

 

 接種券は、住民票所在地へ送付されます。接種券が届かない方は、再発行の手続きが必要です。再発行の手続きは、こちら(内部リンク)をご確認ください。   

 

ワクチン接種実績

 新型コロナワクチンの接種状況(令和4年5月19日現在)

 20220520-1

  1回目接種 2回目接種 3回目接種
高齢者(65歳以上) 96,667人  98.1% 96,079人 97.5% 88,562人 89.9%
小児(5~11歳) 5,674人 31.8% 3,833人 21.5%
全体 270,443人 87.9% 266,538人 86.7% 197,265人 68.1%

 20220520-2

 

  • VRSの登録人数より集計。 
  • VRSへの登録が遅れることがあるため、実際の接種済の人数は上記より多いと推測されます。
  • VRSには、いわき市が発行した接種券での接種実績のみが記録されます。(いわき市以外の自治体が発行した接種券をお持ちの方が、いわき市内で接種した実績は含まれません。)

 

接種会場

 いわき市では、各医療機関での個別接種と集団接種を実施しています。

  

予約

 次のいずれかの方法で予約してください。

  1. 専用予約サイトへアクセス
  2. コールセンターへ電話
  3. 高齢者予約サポートセンター(支所/公民館等に設置)を利用 
  4. 医療機関へ電話(※直接予約を受け付ける医療機関に限る。)

 【注意事項】

  • 1回目接種の方は、接種後に忘れずに2回目接種の予約をしてください。
  • いわき市外に住民票がある方は、こちら(内部リンク)をご確認ください。
  • ログインした時点で、予約枠が空いている接種会場のみが表示されます。
    (予約枠が空いていない医療機関等は表示されません)

 (参考)よくある質問 予約

専用予約サイトへアクセス

 ワクチン接種券が届きましたらインターネットで予約ができます。 

予約する接種 1・2回目 3回目
予約専用サイトアドレス https://iwaki.hbf-rsv.jp   https://iwaki.hbf-rsv.jp/third/
予約専用サイトQRコード 1回目QRコード  3回目QRコード

 

コールセンターへ電話 

  • 電話番号 0120-053-500(フリーダイヤル)
  • 受付時間 9時~17時(土、日、祝日も実施)
         ※月曜日の9時~10時の間は電話が混み合い、つながりにくい場合があります。

 医療機関へ電話

 接種可能な医療機関等一覧から接種を希望する医療機関を確認し、「直接予約を受け付ける医療機関」に該当する場合は、直接医療機関へ電話し予約をしてください。

予約の空き状況について

3回目接種予約のキャンセル待ち登録について

 急なキャンセルが生じた場合に、ワクチンが無駄にならないよう、キャンセル分のワクチン接種にご協力いただける方の登録を受付しています。登録方法はこちら(内部リンク)をご確認ください。

  

16歳未満の接種

 1・2回目の接種の対象は、接種の日に5歳以上の方、3回目接種の対象は、接種日に12歳以上の方が対象です。
 16歳未満の方のワクチン接種は、保護者同伴となります。また、予診票には、保護者の署名が必要となります。保護者の方が同伴できない場合(祖父母などが同伴する場合)は、委任状こちら(PDF文書)が必要です。詳細は、接種券に同封されているお知らせをご確認ください。
 また、16歳未満の方には、母子健康手帳の持参を推奨しています。

 (参考)よくある質問  子どもの接種

 

各種手続き

接種券の送付先変更・再発行の手続き

 手続き内容については、接種券関係手続ポータルページ(内部リンク)をご確認ください。
 ※1、2回目接種券の送付先変更を申請した方が、同様に3回目接種券の送付先変更を希望する場合は、改めて申請が必要になります。

住民票所在地以外における接種について

 やむを得ない事情がある方(出産のために里帰りしている妊産婦、遠隔地へ下宿している学生、単身赴任者など)は、住民票所在地以外で接種(「住所地外接種」という)をすることができます。詳しくは、こちら(内部リンク)をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の発行

 ワクチン接種時点でいわき市に住民票がある方を対象に、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書を発行します。詳しくは、こちら(内部リンク)をご確認ください。

 

その他のお知らせ

新型コロナウイルスワクチン接種に関するアンケートの回答結果について

 12歳以上のワクチン未接種者を対象にワクチン接種に関するアンケートを実施しました。ご協力をいただきありがとうございました。回答結果は、こちら(PDF文書)をご覧ください。

【医療機関向け】接種券が届いていない者に対して接種する際の事務運用について

いわき市新型コロナウイルスワクチン接種ガイド

 市民の皆様が円滑に接種を行えるように、予約方法等の接種の流れが詳しく掲載された「いわき市新型コロナウイルスワクチン接種ガイド」を作成しました。詳しくは、こちら(PDF文書)をご確認ください。

ワクチン接種の案内動画

 接種を受けるまでの流れについて、こちらでご覧いただけます。(手話音声付き)

  

よくある質問

接種計画 接種券 予約 追加(3回目)接種 子どもの接種 ワクチン 副反応 その他
 

接種計画

いわき市民の接種が終了するのはいつ頃ですか?

 5月12日時点で12歳以上の90.6%が2回接種を終了していますが、未接種の方の中にも接種を希望している方もいることから、引き続き接種を進めていきます。なお、接種が可能な期間は、令和4年9月30日までとなっています。

ワクチンの数は足りていますか?

 1・2回目の接種については、12歳以上の9割の方が2回接種するために必要なワクチンを確保しています。追加(3回目)接種についても、十分な数のワクチンが国から供給されています。
 

接種券

1・2回目のと追加(3回目)の接種券に違いはありますか?

 令和3年11月までに発行された1・2回目の接種券は、シール台紙に印字された接種券を送付しました。
 令和3年12月から発行している3回目接種券と1・2回目の接種券では、どちらも接種券があらかじめ予診票の右上に印字されている「接種券一体型予診票」を送付しております。「接種券一体型予診票」がないと接種することができませんので、必ずお持ちください。

接種券はどこに送付されますか?

 接種券は、住民票の登録されている住所に送付されます。原則、送付先の変更はできませんので、住民票所在地に居住していない場合は、郵便物の転送手続きをお願いします。
 (郵便局ホームページ: https://www.post.japanpost.jp/question/100.html )  

接種券は世帯に1通届きますか?

 世帯単位ではなく、各個人単位で届きます。 

1、2回目接種記録欄に記載された接種記録に誤りがある場合、どうすればよいですか?

 次の報告フォームまたはワクチン接種コールセンター(0120-053-500)に報告をお願いします。
ワクチン接種記録の誤り報告フォーム (外部リンク)
 報告いただいた接種記録を確認し、正しい内容で再度接種券を郵送いたします。

予約

1回目の予約をとれたら、2回目(3回目)の予約は自動で設定されますか?

 ワクチン接種の予約は、1回ごとに予約を取っていただく必要があります。2回目接種の予約は、1回目の接種日以降に予約をとることができます。3回目接種の予約は、3回目の接種券が届きしだい予約することができます。
 ワクチンの種類によって、1回目と2回目の接種間隔が異なります。(ファイザー社の場合は、1回目接種の3週間後の同じ曜日に、武田/モデルナ社の場合は、4週間後の同じ曜日に2回目接種をするのが標準的な期間となります。)

2回目の接種は3週間後でなくてはダメですか?

 ファイザー社のワクチンの場合は、2回目の接種は1回目の3週間後が標準とされています。それよりも早く接種する場合は、2日前まで、それよりも遅く接種する場合は、なるべく早く接種をお願いします。
【例】1回目接種が7月1日(木)の場合、2回目接種は7月22日(木)が標準です。7月20日(火)または21日(水)に接種することも可能です。

3回目の予約はいつからすればよいですか?

 3回目の接種券が届き次第予約が可能です。
 なお、予約できる日は、2回目接種から6か月が経過した日以降です。

体調不良などで予約をキャンセルしたい場合はどうすれば良いですか?

 予約をキャンセルする場合は、予約をした時と同じ方法で取り消しの手続きをしてください。限りあるワクチンを有効に活用するため、必ず事前にご連絡ください。
 なお、予約時間を30分過ぎても来院されない場合は、キャンセルとさせていただきます。

追加(3回目)接種

どのような人が対象になりますか?

 12歳以上で、2回目の接種から6か月を経過した方が3回目接種を受けることができます。
 なお、特に追加接種をお勧めする方は、次に該当する方が挙げられています。

  • 高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方」

3回目の接種券はいつとどきますか?

 2回目接種から国が定めた接種間隔が経過した方を対象として、順次、3回目の接種券を郵送しております。接種券の発送スケジュールは、こちら(内部リンク)をご確認ください。

  

子どもの接種

子どもは接種できますか?

 5歳~11歳の子どもに対する接種について詳しくは、こちら(内部リンク)をご確認ください。

未成年者は、一人で接種できますか?

 16歳未満の方は、保護者同伴で接種するようお願いします。保護者が同伴できない場合は、 お子さんの体調等をよく把握している方が同伴の上、保護者が記載した委任状こちら(PDF文書)をお持ちください。詳細は、接種券に同封されているお知らせをご確認ください。

12歳以上の子どもはどこで接種すればよいですか?

 1・2回目 接種可能な会場 (内部リンク)をご確認ください。
 

ワクチン

ワクチンの種類を選べますか?

 市内では、ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンの接種となります。 ワクチンは、接種を受ける時期に供給されている種類を接種することになります。また、複数のワクチンが供給されている場合であっても、2回目の接種では、原則として、1回目に接種したワクチンと同一のワクチンを接種する必要があります。ただし、一定の要件を満たす場合に限り、1回目と異なるワクチンを2回目に接種すること(交互接種)は可能です。
 なお、3回目接種は、1・2回目接種に用いたワクチンの種類に関わらず、mRNAワクチン(ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチン)を用いることが適当であるとされています。(12歳から17歳の方はファイザー社のワクチンしか接種できません)

副反応

副反応とはどのようなものですか?

 接種後に体内でウイルスに対する免疫ができる過程で起こる症状で、接種部位の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢等の症状(副反応)が現れることがあります。これらは、接種翌日をピークに発現することが多く、数日以内に回復します。また、稀にアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)の発生が報告されています。

発現割合 症状
ファイザー社 武田/モデルナ社
50%以上 接種部位の痛み、
疲労、頭痛
接種部位の痛み、
疲労、頭痛、筋肉痛
10~50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、
下痢、発熱、接種部位の腫れ
関節痛、悪寒、吐き気、嘔吐、
リンパ節症、発熱、
接種部位の腫れ、発赤・紅斑
1~10% 吐き気、嘔吐 接種後7日以降の
接種部位の痛みなど(*)

コミナティ添付文書、COVID-19ワクチンモデルナ添付文書   (*)接種部位の痛みや腫れ、紅斑

副反応が出やすい、出にくいということはありますか?

 接種部位の痛みや腫れ、発熱や倦怠感、頭痛などの副反応は、高齢者の発現頻度が少し低いことが報告されています。 また、2回目の接種の方が、発熱や倦怠感、関節痛などの症状が出やすくなります。
 なお、稀な副反応であるアナフィラキシーは、過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を引き起こしたことがある人がやや起こりやすい可能性があることから、過去に重いアレルギーの経験がある人は、接種後30分程度は接種会場で様子をみることが大切です。

何年も経ってから生じる副反応の可能性はありますか?

 mRNAワクチン(ファイザー社及び武田/モデルナ社)は、遺伝子に組み込まれないことや比較的短時間で成分が分解され、ワクチンによってできるたんぱく質も長期に体に残らないことなどを考慮すると、長期的な副反応の可能性は考えにくく、起こったとしても非常に稀だと考えられます。長期的な副反応については、世界中で厳重な監視がされており、今後も評価が続けられます。

副反応が心配ですが、接種直後に車を運転しても大丈夫ですか?

 ワクチンを接種した後の体調が良好であれば、運転をしても問題はありません。ただし、接種部位の強い痛みや、発熱、倦怠感、頭痛や関節痛などの全身性の反応が出ることもあるので、体調に不安がある場合は運転を控えることが大切です。

ワクチン接種後に熱が出たら、どうすればよいですか?

 ワクチン接種後に発熱があった場合は、水分を充分に摂取し、必要に応じて解熱鎮痛剤を服用するなどして、様子をみてください。
 なお、ワクチンによる発熱か、新型コロナウイルス感染症かを見分けるには、発熱以外に、最近、咳や呼吸困難、鼻水、味覚・嗅覚の消失、息切れなどの症状がないかどうかが手掛かりとなります。(ワクチンによる発熱では、通常、これらの症状はみられません。)
 ワクチン接種後、2日間以上熱が続く場合や症状が重い場合、ワクチンでは起こりにくい上記の症状がみられる場合には、副反応以外の症状が疑われますので、医療機関を受診するか下記のコールセンターへご相談ください。
【福島県新型コロナワクチン副反応コールセンター:電話0120-336-567(土日祝日含む9時~20時

ワクチン接種後に発熱や痛みがあれば、市販の解熱鎮痛剤を飲んでもよいですか?

 市販の解熱鎮痛薬(*)の使用は可能ですが、下記に該当する方は、医師や薬剤師にご相談下さい。(解熱鎮痛薬を症状が出る前に予防的に繰り返し内服することは、推奨されていません。)

  • 他の薬を内服している方、妊娠中の方、授乳中の方、高齢者、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下などの病気治療中の方(飲める薬が限られている場合があります)
  • 薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある方
  • 激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている方
  • ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる方

(*)市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどに使用できます。(アセトアミノフェンは、低年齢の方や妊娠中・授乳中の方でも使用できますが、製品毎に対象年齢などが異なりますのでご注意ください)

 その他の質問については、厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンQ&A」で詳細をご覧ください。

ワクチン接種によって健康被害が起きた場合の補償はどうなっていますか?

 健康被害がワクチン接種によるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。詳しくは、こちら(外部リンク:厚生労働省HP)をご覧ください。
 市に住民票がある方は、市保健所総務課に必要書類を添付の上、ご申請ください。
 

その他

夜間の集団接種を予約しましたが急なキャンセル等について連絡先はありますか?

 4月の金曜日から開始となるいわきグリーンベースの夜間接種(18:30以降)について、急なキャンセル等の場合には、夜間接種専用番号【080-2587-5775】へご連絡ください。なお、17時までのご連絡については、コールセンター【0120-053-500】へご連絡下さい。

市外で接種したい場合はどうすればよいですか?

 市が発行した接種券をお持ちの方が、市以外の会場で接種する場合は、接種会場のある自治体で「住所地外接種届出」の手続きを行う必要があります。詳しくは、接種会場のある自治体にお問合せ下さい。

接種当日の注意事項はありますか?

 接種券、予診票(3回目は「接種券一体型予診票」)、本人確認書類(健康保険証、運転免許証など)を忘れずにお持ちください。(医療機関で接種する場合は、念のため健康保険証をご持参ください)
 肩を出しやすい服装でお越しいただきますようお願いします。

いわき市への転入前に2回目接種を受けている方の3回目接種券について

 いわき市への転入前に2回目接種を受けている方など、市が接種記録を確認することができない方に3回目接種券を発行するためには、「接種券発行申請書【3回目接種用】」の提出が必要です。詳しくは、こちら(内部リンク)をご確認ください。 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

いわき市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号:0120-053-500(フリーダイヤル)※9:00~17:00 無休