メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

REVISIT(リビジット)
―コレクション+アーカイブに見る美術館のキセキ

更新日:2021年8月14日

     

イヴ・クライン《火の絵画》1961年/モーリス・ルイス《Gamma Beta》1960年(いずれもいわき市立美術館蔵)

 

 みなさんが美術館を訪れた時、多くの場合、お目当ての展覧会や作品のことは強く印象に残っても、その美術館そのものがどういうところなのか、については詳しく触れる機会が少ないのではないでしょうか。当たり前のようですが、一つとして同じ美術館は存在せず、それぞれに特色やストーリーがあります。本展は、開館38年目となるいわき市立美術館が、どうやって設立され、どのように歩みを進めてきたのかを、収集作品=コレクションと資料群=アーカイブから紹介するものです。

 いわき市立美術館は、1984年の開館から、「戦後の現代美術」と「いわきゆかりの美術」を収集方針に掲げてきました。公立美術館による現代美術の収集がそれほど一般的でなかった当時、「現代美術は分かりにくい」という声も寄せられ、学芸員たちは苦心して普及にあたりました。
 その後も一貫して方針を守りつつ地道な収集が行われた結果、現在では収蔵作品は2,300点を超え、私たちが生きる時代と結びついた、現代美術の様々な動向をそこに見出すことができます。本展の作品展示では、コレクションから90点余りを選び、「写真、記録、記憶」「絵画、あそび、日常」「もの、時間、自然」「美術館を抜け出して」といった身近な視点でその面白さに触れます。

 また、当館の開館には、「いわき市民ギャラリー」というユニークな市民団体が密接に関わっていました。当時の記録を紐解くと、市町村合併により誕生した「わかいまちいわき」の文化を盛り上げようと奔走した市民たちの姿がよみがえります。
  本展のアーカイブ展示では、そうした美術館の開館の経緯や、その後、時代や地域の特色を反映して展開された美術館の活動の様子を、写真やチラシ、ポスターなどの資料で辿ります。

  本展が、いわき市立美術館をREVISIT(再訪、再考)し、これまでの歩みと、これからの未来像を考える契機となれば幸いです。

 

会期  

2021年9月11日(土)-10月24日(日)
 
2021年10月1日(金)-10月24日(日)

*「まん延防止等重点措置」の期間延長に伴う休館期間の延長を受け、会期を変更いたします。
 休館に関しましてはこちらをご覧ください。

開館時間

09:30-17:00(入場は16:30まで)

休館日

月曜日

*9月20日(月・祝)は開館し、9月21(火)に休館します。

会場

いわき市立美術館

主催

いわき市立美術館

観覧料

一般600円(480円)、高・高専・大生300円(240円)、小・中生100円(80円)
*( )内は、20名以上の団体割引料金

図録

500円

作品リスト

下記よりダウンロードください。

「REVISIT―コレクション+アーカイブに見る美術館のキセキ」作品リスト(278KB)(PDF文書)

会期中の催し

 オープニングトーク「これからの地域とか、文化とか、アートとか」

日 時:9月11日(土)14:00-16:30 → 10月2日(土)15:00-16:50

会 場:3階セミナー室

出 演:會田 勝康(株式会社起点取締役)
    小松 理虔(ローカルアクティビスト)
    緑川雄太郎(アートディレクター)

参加費:無料

応 募:8月13日(金)08:30から電話で受付(先着20名)

*「まん延防止等重点措置」の期間延長に伴う休館期間の延長を受け、日程を変更いたします。

 クロストーク「いわきの文化と美術館を振り返る」

日 時:9月12日(日)14:00-15:30 → 10月3日(日)14:00-15:30

会 場:3階セミナー室

出 演:佐々木吉晴(宇都宮美術館館長、斎藤清美術館館長、前いわき市立美術館館長)
    吉田 隆治(いわき地域学會代表幹事)

参加費:無料

応 募:8月13日(金)08:30から電話で受付(先着20名)

*「まん延防止等重点措置」の期間延長に伴う休館期間の延長を受け、日程を変更いたします。

 実技講座「自然はともだち――織りのファイバーアートを楽しもう!」

日 時:9月20日(月・祝)・23日(木・祝)、両日とも10:00-15:00(全2日間)

     → 10月9日(土)・10日(日)、両日とも10:00-15:00(全2日間)

会 場:3階実技講習室ほか

講 師:織田 千代(造形作家)

参加費:無料

応 募:8月13日(金)08:30から電話で受付(先着6名)

対 象:小学校5年生以上

*「まん延防止等重点措置」の期間延長に伴う休館期間の延長を受け、日程を変更いたします。

   

参考画像:織田千代《どこへ2020》2020年/《BORDER》2004年

 

*予定は変更する場合がございます。

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

教育委員会事務局 美術館
電話番号:0246-25-1111
ファクス番号:0246-25-1115