メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

催し物

問い合わせ番号:10010-0000-5270 更新日:2018年9月14日

【大久保草子展ー始まりの森ー会期中】 

(1)アーティスト・トーク
日時 9月8日(土) 15~16時
会場 一階ロビー

(2)講演会「未来のノアたちへ―始まりの森、始まりの海」
講師 今福龍太氏(文化人類学者、『ないものがある世界』著者)
日時 9月15日(土)15~16時
会場 一階ロビー
料金 無料(聴講ご希望の方は時間までに一階ロビーにお集まりください。

昨年『ないものがある世界』を上梓した文化人類学者、今福龍太さんが、
著書の世界観とその挿絵を制作した大久保草子さんの作品との交わりについて語ります。
後半は大久保さんも登場し、対談も!ご期待下さい。
 

(3)実技講座―大久保草子のちいさな版画の楽しみ
※申込み多数のため募集を締め切りました。
日時 10月7日(日)13時~15時半、10月8日(月)10時~12時
会場 実技講習室
申込 お電話でいわき市立美術館(0246-25-1111)まで

※いずれも参加無料です。

 

【写真家がとらえた昭和のこども展会期中】 

⑴ パフォーマンス「インカスの伝言/踊り場弾き場」
日時 9月16日(日) 15時~16時 
出演 田中泯(ダンサー)、ジョン・ラッセル(ギタリスト)、ストーレ・リアヴィーク・ソルベルグ(ドラマー)
会場 ロビーなど
参加費 無料(事前申し込み不要)
内容 前衛的なダンサーとして知られ近年では俳優としての活躍も目覚ましい田中泯と、イギリス即興音楽界の重鎮ギタリスト、ノルウェーの新進気鋭ドラマーによる共演。それぞれが「場」を感じて即興で表現します。

⑵ 写真講座「撮る人撮られる人」
日時 10月6日(土) 13時半~16時半、および10月8日(月) 13時~17時(※二日間通し)
講師 丹 英直 (写真家)
会場 セミナー室 
対象 中学生以上
定員 30名
費用 無料
応募方法 8月1日(水)から電話かFAXで申し込み受付。先着順で定員になり次第締め切り。
内容 人物写真のプロとして高い実績をもつ講師のもと、撮る側と撮られる側がコミュニケーションを重ねることによって作品を完成させていく過程やマナー、心構えを学びます。

⑶ 講演会「昭和の子」
日時 10月7日(日) 14時~15時半
講師 ねじめ正一(詩人・作家)
会場 セミナー室 
定員 45名(当日先着順・事前申し込み不要)
費用 無料
内容 本展図録にエッセイを寄稿しているねじめ氏が、昭和のこどもたちの暮らしぶりなどを語り、昭和という時代を振り返ります。

⑷ 館長講座「女性版オデュッセイア──イーオーとエウロペーの絵画的解釈」
日時 9月22日(土) 14時~15時半
講師 佐々木吉晴(当館館長)
会場 セミナー室
定員 45名(当日先着順・事前申し込み不要)
費用 無料

 

(その他)

■モニター上映「いわきの昭和」
日時 会期中随時
会場 「昭和のこども」展展示場
内容 市内で撮影された昭和の映像(四倉アーカイブズ・平七夕まつり・小名浜の天狗踊り・常磐湯本のやっぺ踊りなど)を上映。
協力 四倉町商店会連合会、四倉町商工会、小泉屋文庫・四倉アーカイブズ

■作品公募「あなたの“昭和”、大募集!」
応募受付期間 7月10日(火)~9月2日(日)
募集要項 別紙の通り
応募方法 所定の出品票(HPからのダウンロードも可)に写真を貼り必要事項を記入し、1階受付に持参するか、郵送、電子メールで応募。
作品展示期間 応募作品は本展会期中館内に展示。応募写真は返却しません。

 

常設展ギャラリー・トーク

日時  毎週土曜日14時から(他の事業と重なる時には、開始時間が変更になることがあります)
会場  1階常設展示室
 

 

平成30年度 館長講座

前期
7月13日(金)18時~19時半(夜間開館)
         「プロメーテウスの勝利」

9月22日(土)14時~15時半
         「女性版オデュッセイア――イーオーとエウロペ―の絵画的解釈」

後期
11月17日(土)14時~15時半
         「峰丘の表現――カラベラから黄金背景まで」(作家本人との座談形式)
         ※企画展示場内(要「峰丘展」チケット半券)

2月24日(日)14時~15時半
         「戦争画から見る19世紀フランス美術」

※11月17日講座以外は3階セミナー室(先着40名まで)聴講無料。