メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 消費生活センター > 消費生活相談情報 >災害に便乗した住宅調査や火災保険の申請に関する不審な電話が市内で頻発しています

トップページ > 防災情報サイト > 過去の災害 > 令和3年2月13日福島県沖地震関連情報 >災害に便乗した住宅調査や火災保険の申請に関する不審な電話が市内で頻発しています

災害に便乗した住宅調査や火災保険の申請に関する不審な電話が市内で頻発しています

更新日:2021年2月17日

 「市役所から委託を受けて、台風被害の調査をしている」「(住宅修理の費用として)いわき市から火災保険のお金がおりる」などと電話をかけ、家を訪問しようとする業者についての相談が、消費生活センターに相次いでいます。

 いわき市が、「令和元年東日本台風(台風19号)」に関する住宅調査や火災保険の申請手続きなどを民間業者に委託している事実はありませんので、このような電話には、決して取り合わないようご注意ください。

 また、「令和3年2月13日福島県沖地震」の被害調査を騙った、電話勧誘に関する相談も寄せられていますので、ご注意ください。

 不安だな、おかしいなと感じたら、消費生活センター(相談専用電話22-0999)へ相談しましょう。


 消費生活相談について

 当センターでは、問題解決のために、トラブルの状況や経過などの必要な情報を詳しくお伺いします。このため、メール(市ホームページの「お問い合わせフォーム」を含む)での相談は受け付けておりません。電話若しくは来所での相談をお願いします。

 メールでご相談いただいた場合は、詳しく内容を確認するために、相談専用電話へのご連絡をお願いする旨のメールを返信いたしますので、ご了承ください。 

 詳しくは、関連リンク「消費生活相談のご案内」をご覧ください。 

お問い合わせ

市民協働部 消費生活センター
電話番号:0246-22-7021(直通) 0246-22-0999(相談専用)
ファクス番号:0246-22-0985

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?