メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 予防接種 >子宮頸がん予防(HPV)ワクチン定期予防接種について

子宮頸がん予防(HPV)ワクチン定期予防接種について

更新日:2021年4月9日

 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンは、平成25年4月1日より定期予防接種として実施しているところですが、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な激しい疼痛や運動障害が接種後にみられたことから、同年6月14日より国において適切な情報提供ができるまでの間、積極的勧奨を控えています。
 現在「必ず受けましょう」といった積極的な勧奨はしていませんが、接種を希望する場合には定期接種として受けられます。下記の「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」を参照し、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

対象者

小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子

(平成17年4月2日~平成22年4月1日生まれの女子)

接種回数

3回

令和3年登録医療機関(538KB)(PDF文書)

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課
電話番号:0246-27-8555
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?