メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

いわき医療圏退院調整ルール

問い合わせ番号:14883-4201-1163 更新日:2019年2月1日

高齢者、ご家族の皆様へ

 病院から自宅等への退院をスムーズに進めるためには、なるべく早く病院とケアマネジャーが連絡を取り合うことが必要となります。

皆様へのお願い

1 「保険証セット」として、以下のものを一緒にしておきましょう

1.医療保険証
2.介護保険証
3.お薬手帳
4.かかりつけ医療機関の診察券
5.担当ケアマネジャーの名刺

※担当ケアマネジャーがいる方は、名刺を一緒に入れておくことで、急な入院の際、ご家族や病院がケアマネジャーと連絡をとりやすくなります。

2 担当ケアマネジャーがいる方は、入院したら連絡しましょう

介護サービスを利用している方が入院した時は、なるべく早く担当ケアマネジャーに連絡してください。連絡ができない場合は、病院スタッフに担当ケアマネジャーを教えてください。
担当ケアマネジャーが、入院直後から病院と連絡を取り合うことで、その後の退院に向けた調整や支援がよりスムーズになります。 

「いわき医療圏退院調整ルール」とは

 病院から退院後に切れ間なく介護サービスを受けられるようにするため、病院とケアマネジャー(介護支援専門員)が連携し、入院時から情報を共有し、退院に向けた連絡・調整を行うための、いわき医療圏内の連携のしくみです。

 「いわき医療圏退院調整ルール」は、平成28年度にいわき医療圏内の病院関係者、ケアマネジャー、地域包括支援センターが、検討・協議を行い、平成29年度から運用を開始しました。

 患者さんの退院を地域全体で支えるために、「いわき医療圏退院調整ルール」をぜひご活用ください。

いわき医療圏退院調整ルールの運用評価について

 退院調整ルールの運用開始後の状況を確認するため、平成29年10月と平成30年9月にアンケート調査を行いました。退院調整もれ率は、ルール運用開始前と比べ約18ポイント改善しています。

 【いわき医療圏の退院調整もれ率の推移】

  H28もれ率(運用開始前)        H29もれ率(半年後)     H30もれ率(1年半後)

       46.4%         ⇒      37.2%      ⇒     28.4%

 また、運用評価を行うため、アンケート結果を基に、平成30年11月~平成31年1月にかけて、病院とケアマネジャーの代表者会議、合同会議を開催し、追加項目などの協議を行いました。

個人情報に関する同意書

 患者の介護保険サービスの利用状況が、本人や家族からの聞き取りなどによりわからない場合に、介護認定情報などを取得する際の同意書、退院調整ルールを運用する上で必要となる個人情報に係る同意書について、標準様式を作成しましたので、ご活用ください。

お問い合わせ

保健福祉部 地域医療課
電話番号:0246-27-8572
ファクス番号:0246-27-8573