メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 健康 >子どもの頃からの健康づくり

トップページ > 福祉・こども > 健康 > 健康づくり >子どもの頃からの健康づくり

子どもの頃からの健康づくりのすすめ

更新日:2022年3月31日

中学2年から始まる健康づくり

中学生のみなさん、コレステロールや血糖値って聞いたことありますか?大人になると、健康診査で測定するんですが、大人になった皆さんの体は、今の生活習慣の積み重ねから作られています。

大人になる前から、自分の体の“今”を知ることで、健康に関する意識を高めたり、毎日の生活習慣を見直すきっかけにしていきましょう。

貧血検査に併せて実施

中学2年生になると「貧血検査」を行います。その際にする「採血」を利用する形で、コレステロールや血糖値も検査するものです。

R2年度:5校478名中243名(50.8%)が生活習慣改善等の必要あり

R3年度:6校455名中201名(45.2%)が生活習慣改善等の必要あり

健康授業を実施します

中学校の先生方、養護教諭の協力を得て、自分の体の数値が分かった状態で、健康授業で健康への興味関心やセルフケアについて学びます。普段の食事やおやつの目安などを学び、日々の暮らしに活かします。

大人の皆さん、中学生が保健体育の単元で生活習慣病について学んでいるのをご存じですか?検査を行うことで、健康診査や生活習慣病がより、身近となり、紙面上の知識だけでなく、実体験から学びを深めていくことができています。

R3年度健康授業の様子はこちら

【感想の一部を紹介します】

生活習慣病は、予防することができるというが分かって、今の生活が不規則なのであれば、これから気を付けたり、改善することができるということが分かりました

・自分は偏食を続けていたけど、あまり気にしていなかったのですが、予防どころか、それ以前の話だったので、まず、食生活を安定させ、健康な生活を送るよう頑張る気持ちがでました

・今まで予防する内容は知っていたが実際に行動には移せていなかったので、これを機に予防していきたいと思う

・予防はできないと言う、思うのではなく、やる、できると思ってやってみたいと思います

子から親へ家族で健康

より良い生活習慣が家族に広がり、家族ぐるみでのより健康的な暮らしにつながっていくことも期待しています。

みんなで健康に

いわきっ子生活習慣病健診は令和2年度から始まった事業です。

令和2年度 5校 478名

令和3年度 6校 445名

令和4年度 16校 1500名の実施を予定しています。

 

お問い合わせ

保健福祉部 健康づくり推進課
電話番号:0246-22-7448
ファクス番号:0246-22-7570

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?