メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 防災情報サイト > もしもの時に備えて >北朝鮮による弾道ミサイル発射等に係る情報伝達について

北朝鮮による弾道ミサイル発射等に係る情報伝達について

問い合わせ番号:14925-7067-2409 更新日:2018年7月31日

 北朝鮮による弾道ミサイル発射等については、内閣府及び消防庁から緊急情報を受け、状況に応じて市民の皆様へお知らせを行っております。

 仮に、関係国際機関に連絡なく、突然、北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性がある場合には、政府としては、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート※)を使用して情報伝達することとしています。

 弾道ミサイルなど武力攻撃の場合、当初は屋内へ避難し、その後の状況に応じ、行政機関から警報の通知や避難の指示について、テレビやラジオなどの放送を通じて情報が伝達されますので、市民の皆様におかれましては、テレビ、ラジオ等での情報収集をお願いします。

 なお、当該情報伝達の流れや注意点等については、内閣府の「国民保護ポータルサイト」に掲載されておりますので、そちらをご覧ください。 

※Jアラートとは、弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)や緊急速報メール、コミュニティFM等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

 上記に関する、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語及びベトナム語による資料はこちら(Other languages)をご覧ください。

 Jアラートを使用した情報伝達

弾道ミサイル落下時の行動 

 スマートフォンアプリ等による配信サービス

 

お問い合わせ

総合政策部 危機管理課
電話番号:0246-22-7551
ファクス番号:0246-22-1145

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?