メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 廃棄物 > 一般廃棄物 >一般廃棄物収集運搬業許可申請・届出

トップページ > 電子サービス > ダウンロード > 申請書ダウンロード > ごみ・環境・衛生 >一般廃棄物収集運搬業許可申請・届出

一般廃棄物収集運搬業許可申請・届出

更新日:2022年2月28日

一般廃棄物収集運搬業の新規許可について

一般廃棄物収集運搬業の新規許可は、いわき市一般廃棄物(ごみ)処理実施計画において、「既存の許可業者等によって一般廃棄物の適正な収集及び運搬が行われているため、新たな法令等の整備により必要が生じた場合を除き、原則として許可しない」としております。
(平成22年7月1日から適用開始)

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る郵送申請のお願いについて

現在、本市にまん延防止等重点措置が適用されていることから、一般廃棄物収集運搬業許可申請(更新)、一般廃棄物処理業変更届等の手続きについては、原則として郵送での対応としておりますので、ご協力をお願いいたします。

申請方法については、「郵送による廃棄物処理業(更新)並びに自動車リサイクル引取業、フロン回収業、解体業及び破砕業(更新)の申請について」よりご確認ください。
なお、一般廃棄物処理業(廃止・変更)届出書については、専用フォームで届出可能となっております。

 

 また、相談等につきましても、原則として電話やメールでお願いいたします。

資格・内容

  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を得ようとする法人又は個人
  • 一般廃棄物処理業許可を有する法人又は個人で、その事業の全部又は一部を廃止した者、又は住所等を変更した者

 

代理の可否

  • 可能(代理申請を証明する書面等を求める場合あり。)

受付窓口

  • 本庁 廃棄物対策課

受付時間

  • 平日(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から1月3日までを除く。)  
  • 午前9時から午後0時まで、午後1時から午後2時まで

※ 申請受付には、事前の予約が必要です。廃棄物対策課(0246-22-7604)まで御連絡ください。

手数料

  • 一般廃棄物収集運搬業許可(新規許可) 10,000円
  • 一般廃棄物収集運搬業許可(更新許可) 10,000円
  • 一般廃棄物処理業の事業範囲変更許可 10,000円

注:処理業変更届出に係る手数料はありません。

申請上の注意点など

注:申請受付には、事前の予約が必要です。廃棄物対策課まで御連絡ください。
注:更新申請に限り郵送による申請書の提出が可能です。新規及び変更申請については、郵送による申請書の提出は受け付けておりませんので、窓口での手続きとなります。
注:申請書及び添付書類一式は、A列4判のファイルに綴じた状態でお持ちください。
注:手数料は、受付の際、直接現金で納付していただきますので、あらかじめご留意願います。
注:申請書類に不備がある場合は、受付できませんのでご注意ください。
注:変更届出には適用されません。

※令和2年11月16日に申告書の内容が一部変更になっておりますので、新しい様式をご利用ください。

産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会のご案内

一般廃棄物収集運搬業許可申請においても利用できる産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会(以下「講習会」という。) の令和3年度の申込み(令和3年4月1日から受付開始)は、パソコンからのみのお申込みとなります。「受講の手引き」は配布しておりませんので、ご注意ください。

また、講習会は、オンライン講義と会場試験の2段階形式です。

講習会及び講習会の申込み先等については、公益財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター(講習会のページ)(外部リンク) よりお願いします。

なお、一般廃棄物(ごみ)実務管理者講習会の案内は現在(令和3年3月29日現在)、市に届いていないため、詳細については、しばらくお待ちください。

県外受講が困難であるための産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物の処理に関連する講習会の修了証の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物の処理に関連する講習会の福島県外における受講が困難であることを踏まえ、一般廃棄物収集運搬業の更新許可申請においては、当面の間、直近に受講した講習会の修了証(前回更新時に使用した講習会の修了証。ただし、更新時に在籍している取締役等の修了証に限ります。)及び誓約書を添付することにより、更新許可申請の受付を行います。

誓約書を提出した場合、次回の更新までに必ず講習会を受講し、修了証の写しを廃棄物対策課まで提出してください。(提出方法は、持参・FAX・郵送です。)

【誓約書】(16KB)(Word文書)

押印について

本市における行政手続きにおける押印の見直しに伴い押印が不要となりました。

 これまで押印をもって本人確認は行っておりませんでしたが、手続の性質を踏まえ、押印が求められている趣旨を代替する手段等(注)によって本人確認することとします。書類提出者におかれましては身分証明書等の携行・提示をお願いします。

注:押印が求められている趣旨を代替する手段等の例
・本⼈であることを確認するための書類(マイナンバーカード、運転免許証、社員証等)のコピーや写真等の添付
・他の添付書類による本⼈確認
・電話等による本⼈確認 

なお、従前どおり、押印がある場合は、本人確認は行いません。(今まで通りの手続きとなります。) 

様式

外部リンク

 

お問い合わせ

生活環境部 廃棄物対策課
電話番号:(直通)0246-22-7604
ファクス番号:0246-22-7605

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?