メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > くらし・手続き >行政手続における押印の見直しについて

行政手続における押印の見直しについて

更新日:2021年3月30日

市では、市民の皆様の利便性向上や行政のデジタル化の推進等のため、行政手続における押印の見直しを行い、この度、結果を取りまとめましたので、お知らせします。
 

1 押印見直しに係る調査の実施
 ⑴ 調査時期
   令和3年1月から3月まで
 ⑵ 
対象部局
   各部、会計室、支所、議会、選挙管理委員会・監査委員・公平委員会・農業委員会・教育委員会の
  各事務局、消防本部、水道局及び医療センター
 
⑶ 調査対象
   市民又は事業者等に押印を求めている全ての行政手続

2 押印見直しの結果
  市民や事業者の皆様に押印を求めている市独自の手続きは、2,200手続
  うち、
1,918手続(87.2%)で押印を廃止 

  今後、押印の廃止に必要な条例・規則等の改正等を速やかに行って参ります。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

総務部総務課(文書係)
電話番号:0246-22-1164
ファクス番号:0246-22-3662

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?