メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 河川・水路 >河川水位標示板の設置について

河川水位標示板の設置について

更新日:2021年11月30日

河川水位標示板とは

河川水位標示板設置例

 市民の方々の防災意識を高め、自主的な防災活動や避難行動を促すことを目的に、福島県いわき建設事務所といわき市は協同により、二級河川に架かる幹線道路の橋脚に河川水位標示板を設置しました。
 この河川水位標示板は、消防団の警戒時の判断材料とする他、市民の皆さんが大雨時の河川水位を数値的に確認できることで、増水時には自らの危険度の判断材料となり、自主避難等の目安として利用できるものです。

 

 

水位標示板の内容

 水位標示板は、見やすい図柄と配色にしております。また、夜間においても、懐中電灯の光で見えるよう、特殊な反射シートを採用しております。

注:はんらん注意水位やはんらん危険水位であっても、上流域の降雨状況等により、避難指示等が発令される場合があります。

水位標示板の設置箇所

 設置箇所は、県が管理している二級河川で、河川洪水ハザードマップを参考に、目につきやすい幹線道路の橋りょう21箇所を選定しました。

 

お問い合わせ

土木部 河川課
電話番号:0246-22-7492
ファクス番号:0246-22-7598

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?