メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 福祉・介護 > 地域密着型事業者の申請・届出等 >指定地域密着型サービス事業所等の指定更新申請について

指定地域密着型サービス事業所等の指定更新申請について

更新日:2019年1月15日

指定の更新制度の概要

平成18年4月の介護保険制度改正により、地域密着型サービス及び地域密着型介護予防サービスを含む介護保険事業所の指定の効力について、原則6年間の有効期間が設けられました。
このため、事業を継続するためには、原則6年ごとに指定の更新申請を行う必要があり、有効期間が満了しても更新を行わない場合は指定の効力を失うこととなります。
ついては、有効期間の満了が近づいている地域密着型サービス事業所及び地域密着型介護予防サービス事業所は、指定更新の手続を行うようお願いします(更新申請を行う時期及び提出期限については、市より郵送で通知文を送付します)。

指定更新の手続き

更新手続きの流れ

指定更新申請書に必要書類を添付し、1部提出してください。
書類審査、現地確認及びいわき市介護保険運営協議会の地域密着型サービス部会での協議を経て、更新を認めることが適当と判断された場合は、更新後の有効期間(更新前の有効期間の終了日の翌日から6年間)を記載した通知書を送付します。
なお、現地確認については、省略する場合があります。

提出及び問合せ先

いわき市 長寿介護課 長寿支援係
電話番号 0246‐22-7467 (※窓口にお越しの際は、事前にお電話をお願いします。)

指定更新申請の必要書類

更新申請をする方は、次の必要書類を作成し、文書により通知された期日までに長寿介護課へ提出してください。

各種様式のダウンロード

申請書・付表

介護給付費算定に係る体制等に関する届出書

参考計算様式

介護職員処遇改善加算

参考様式

留意事項

欠格事由

申請者又は事業所の管理者が介護保険法に定める欠格事由に該当する場合には、指定の更新を受けることができませんので、更新申請に当たっては誓約書に記載されている欠格事由に該当しないか十分に確認してください。
更新後において、更新申請時点で欠格事由に該当することが判明した場合には、虚偽の申請を行ったとみなされ処分の対象となることがあります。

基準の充足

更新申請においても新規指定時と同様に人員、設備及び運営基準を満たしている必要があります。
更新申請時にこれらの基準を満たしていないと認められる場合には更新を受けることができません。

他市町村長からも指定を受けている場合

他の市町村長から指定を受けている場合についても、その市町村に更新申請を行わなければならないのでご注意ください。

お問い合わせ

保健福祉部 長寿介護課 長寿支援係
電話番号:0246‐22‐7467
ファクス番号:0246‐22‐7547

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?