メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 健康 > 母子健康 > 出産後 >『子どもの救急ガイド』をご活用ください

トップページ > ライフメニューから探す > 妊娠・出産 > 健康・病気 >『子どもの救急ガイド』をご活用ください

トップページ > ライフメニューから探す > 子育て > 子どもの健康 >『子どもの救急ガイド』をご活用ください

『子どもの救急ガイド』をご活用ください

問い合わせ番号:10010-0000-0062 更新日:2019年7月26日

子どもの様子がおかしい・・・?急いで受診した方がいい?家庭で出来る処置は?いざという時にあわてないように、このマニュアルを活用しましょう。

子どもの救急ガイド(表紙)

日頃、子どもの様子を観察していれば子どもの異常には気が付きやすいものです。
子どもの様子をよく観察し、
救急医療機関を受診した方がよいのかどうか
家庭で判断する目安となる「子どもの救急ガイド」を活用して、
いざというときにあわてないようにしましょう!

「子どもの救急ガイド」は、A1判で、発熱や腹痛などの症状ごとに、救急医療機関を受診する必要があるかどうか判断する目安をチャート式でわかりやすく掲載しています。

 

 

 

 

外部リンク

お問い合わせ

保健福祉部 地域医療課
電話番号:0246-27-8572
ファクス番号:0246-27-8573

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?