メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ホストタウン登録決定記念シリーズ「サモア独立国ってどんな国?」(Vol.2)

問い合わせ番号:14739-3080-9620 更新日:2016年9月16日

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、本市は、サモア独立国(以下「サモア」という。)を相手国とする国のホストタウン構想の登録を受けております。

 本市では、サモア独立国を多くの市民の皆様に知っていただき、応援する機運を高めるため、本年8月より、ホームページにて同国を紹介する内容を掲載しております。

 2回目は、同国の観光を紹介します。

 

1 サモア独立国の現況

 サモア独立国は、2つの大きな島などから構成されております。

 次の地図のように、左側の大きな島がサバイイ島、右側の大きな島がウポル島から構成されているのが特徴です。

 2つの大きな島に挟まれるアポリマ海峡2つの小島は、マノノ島、アポリマ島です。

 ウポル島は、面積1,115㎢で、ほら貝のような形をしています。首都アピアが北部に位置し、島全体で全人口の85%になる約120,000人が生活しています。

 サバイイ島は、面積1,700㎢で、約50,000人が生活しています。島の内部は手つかずの原生林があり、火山活動による溶岩原が広がっています。島の東西に火山が連なり、最高峰はシリシリ山で標高は1,858mになります。

アモア地図

 

2 観光スポット

 ウポル島は、首都アピアがあるため、毎年、多くの観光客が訪れる観光地となっています。

 

 〇スティーブンソン博物館

  「宝島」や「ジキル博士とハイド氏」の著者であるロバート・スティーブンソン氏が居住した住居を博物館としたものです。氏は、人生最後の4年間をサモア独立国で過ごしたと言われています。

博物館

 〇パパセーアの滑り岩

 岩間にできた天然のすべり台で、滝壺に飛び降りるスポットです。

滑り岩

 〇ピウラ洞窟プール

 天然の洞窟を通って入るプールで、深く暗い洞窟がスリルがあって人気のようです。 

 プール

 〇パパパイ・タイの滝

 国内最大の滝で、落差100mの滝になります。

滝

 〇パラダイス・ビーチ

 国内で最も有名なビーチになり、観光客は必ず訪れるスポットです。過去に映画のロケ地になるなど、楽園を想わせるビーチです。

 ビーチ

 〇ファイヤー・ナイフダンス「フィアフィア」

 木製の太鼓のリズムに合せて、火とナイフを使った勇壮なダンス。スパリゾートハワイアンズでのファイヤー・ナイフショーの原型です。

ファイヤーダンス1

※写真は、サモア独立国大使館提供。

 

 次回は、サモア独立国の産業や食文化を紹介します。

 

 

地図情報

お問い合わせ

文化スポーツ室 スポーツ振興課 東京オリンピック・パラリンピック担当
電話番号:0246-22-7032
ファクス番号:0246-22-1285