メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市長室 > 市長です こんにちは(広報いわき連載シリーズより) >5 医師不足の解消に向けて!(広報いわき 令和4年5月号掲載)

医師不足の解消に向けて!(広報いわき 令和4年5月号掲載)

更新日:2022年5月1日

 長年、いわき市では、医師不足が指摘されています。

 しかし、いわきの医療界はすごいんです!

 市医師会や市病院協議会という組織を通じた医師間のネットワークが強く、コロナ禍でも助け合い、日々、重症者の治療やワクチン接種を連携の強さで乗り越えてきました。厚生労働省の知人は「こうした医師たちのネットワークは他にはない」と語っています。

 市民の皆さんからは、救急搬送に時間がかかる、難病患者が他地域に通院しているという声を聞きます。医師が足りなそうだということは理解できます。しかし、具体的に何人足りず、どの診療科がどれほど深刻なのかという「見える化」が不十分です。

 そこで「いわき市医療構想会議」を立ち上げました。多くの医師に参画いただき、診療科ごとの課題や必要医師数など、より詳しく調査し、計画的に医師を確保するための取り組みを進めています。さらに、医師を目指す中高生が、医師から貴重な講話を聞いたり、医療現場を見たりする取り組みや、医学部合格者へのガイダンスも進めています。将来、いわきの医療を支えてもらいたいからです。

 あらゆる手だてを講じ、医師不足の解消に取り組みます!

お問い合わせ

総合政策部 広報広聴課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?