メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > いざという時に > 消防 >予防救急(歯牙損傷編)※動画あり

トップページ > 消防本部 > トピックス >予防救急(歯牙損傷編)※動画あり

トップページ > 消防本部 > 予防救急 >予防救急(歯牙損傷編)※動画あり

予防救急(歯牙損傷編)※動画あり

更新日:2022年3月18日

 こんな時どうする?を動画でサクッと解決  

家の中で、道端で、お店の中で。もし怪我をして歯が抜けてしまったらあなたはどうしますか?

あなたができる応急手当について、一緒に動画で確認しませんか?「もうすこし早ければ、正しい処置をすれば助かったのに」を少しでも減らすために。

もしもの時の応急手当を動画でサクッと解決シリーズ(歯牙損傷編)

https://youtu.be/aIQImrc53x8

 

歯が抜けてしまった!

もし怪我をして歯が抜けてしまったら、あなたならどうしますか?

歯が抜け落ちてしまった場合、その後の行動次第で元に戻すことが可能な場合があります。歯が抜けてから歯医者を受診するまでの時間が短く、抜けた歯の保存状態が良いほど、きれいに戻すことが可能です。

歯が抜けた時の応急手当

歯ぐきからの出血は、丸めた綿やティッシュペーパーなどで圧迫して止血を試みてください。抜けた歯を「歯の保存液」もしくは冷えた牛乳にひたすか、それらがなければ、乾燥させないようにラップフィルムに包んで、すみやかに歯科医師の診察を受けてください。「歯の保存液」は市販されており、学校などには常備されていることが多いようです。抜けた歯を持つときには付け根の部分に触れないようにします。

【参考文献:救急蘇生法の指針2020(市民用・解説編)】

動画で歯牙損傷の対応を確認

もしもの時の応急手当を動画でサクッと解決シリーズ(歯牙損傷編)

https://youtu.be/aIQImrc53x8

別の応急手当について学ぶ

傷口から血が止まらない!【直接圧迫止血法】

予防救急(直接圧迫止血法編)※動画あり

目の前に人が倒れています!【回復体位】

予防救急(回復体位編)※動画あり

お問い合わせ

警防課救急係
電話番号:0246-23-7061
ファクス番号:0246-24-3944

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?