メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > いざという時に > 消防 >予防救急(直接圧迫止血法編)※動画あり

トップページ > 消防本部 > トピックス >予防救急(直接圧迫止血法編)※動画あり

トップページ > 消防本部 > 予防救急 >予防救急(直接圧迫止血法編)※動画あり

予防救急(直接圧迫止血法編)※動画あり

更新日:2022年3月18日

 こんな時どうする?を動画でサクッと解決  

家の中で、道端で、お店の中で。

もし怪我をして出血が止まらなかったらあなたはどうしますか?

あなたができる応急手当について、一緒に動画で確認しませんか?「もうすこし早ければ、正しい処置をすれば助かったのに」を少しでも減らすために。

もしもの時の応急手当を動画でサクッと解決シリーズ(直接圧迫止血法編)外部リンク

https://youtu.be/4qDMrbNU1_Y

 

傷口から出血が止まらない!

もし怪我をして出血が止まらなくなってしまったら、あなたはどうしますか?

人の体には、成人で体重のおよそ8%の血液が流れているといわれています。出血によって、1L以上の血液が失われると、生命に危険が及びます。体が小さいこどもなら、なおさらです。

出血はすぐに止血をしてあげなければいけません。止血の方法は様々ありますが、今回は最も基本的な【直接圧迫止血法】について確認しましょう。

 

直接圧迫止血法

まず、出血部位を見つけ、そこにガーゼ、ハンカチ、タオルなどを当てて、その上から直接圧迫して止血しましょう。

圧迫にもかかわらず、出血がおさまらないときは、圧迫位置が出血部位からずれていたり、圧迫する力が弱い場合があります。救急隊が到着するまで出血部位をしっかり押さえ続けてください。

止血のさいに血液に触れて救助者が感染症にかかる危険はわずかですが、念のために、可能であれば救助者はビニール手袋を着用するか、ビニール袋を手袋の代わりに使用するとよいでしょう。

なお、適切な直接圧迫止血法でも出血が止まらない場合に包帯などを利用した即席の止血帯で手足のつけ根側を縛る方法もありますが、神経などを痛める危険があります。実施するには訓練を受けてください。

【参考文献:救急蘇生法の指針2020 市民用・解説編】

                                           

動画で直接圧迫止血法を確認

もしもの時の応急手当を動画でサクッと解決シリーズ(直接圧迫止血法編)

https://youtu.be/4qDMrbNU1_Y

別の応急手当について学ぶ

目の前で人が倒れています!【回復体位】

予防救急(回復体位編)※動画あり

歯が抜けてしまった!【歯牙損傷】

予防救急(歯牙損傷編)※動画あり

お問い合わせ

警防課救急係
電話番号:0246-23-7061
ファクス番号:0246-24-3944

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?