メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 > 市長メッセージ・記者会見 > 市長メッセージ >市長メッセージ~オミクロン株の確認を受けて~(令和4年1月11日)

トップページ > 市長室 > 市長メッセージ・コメント >市長メッセージ~オミクロン株の確認を受けて~(令和4年1月11日)

市長メッセージ~オミクロン株の確認を受けて~

更新日:2022年1月11日

 福島県から先に発表がありましたように、オミクロン株は、既に福島県に入り込み、市民の皆様の身近なところまで迫ってきています。

 本日発表の新型コロナウイルス変異株「L452R」のPCR検査の結果から、市中感染はもはや時間の問題と考えています。

 市民の皆様には、非常に強い感染力をもつオミクロン株への危機感を共有していただき、次のような感染防止対策の徹底をお願いします。

 

(市民や事業者の皆様の協力による必要な対策)

〇 オミクロン株においても、基本的な感染対策は重要であり、ワクチン接種者も含め、マスクの正しい着用、手指衛生、換気などの徹底を継続すること。

〇 三つの密(密集、密閉、密接)が重なるところは最も感染リスクが高いが、オミクロン株は伝播力が高いため、一つの密であってもできるだけ避けること。

〇 飲食店を利用する際は、換気などがしっかりとしている第三者認証適用店を選び、できるだけ少人数で行い、大声・長時間を避ける、飲食時以外はマスクを着用すること。

〇 外出の際は、混雑した場所や感染リスクの高い場所を避けること。

〇 軽度の発熱、倦怠感など少しでも体調が悪ければ外出を控え、積極的に受診や検査を行うこと。

〇 なお、感染に不安を感じる方は、無料検査を受けることが可能となっています。
 是非、ご利用ください。

 

 (オミクロン株の特徴と懸念される状況)
 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」(令和4年1月6日)より

〇 オミクロン株はデルタ株に比して、世代時間、倍加時間や潜伏期間が短くなっている。二次感染リスクや再感染リスクの増大も指摘されている。

〇 ワクチンについては、 重症化予防効果は一定程度保たれているものの、発症予防効果は著しく低下していると報告されている。

〇 デルタ株と比較してオミクロン株による感染は重症化しにくい可能性が示唆されていますが、今後、感染者数が急速に増加すれば、自宅・宿泊療養者や入院による治療を必要とする人が急激に増え、 軽症・中等症の医療提供体制が急速にひっ迫する可能性がある。

〇 重症化リスクの高い方々の間で急速に感染が拡がると、重症者や死亡者が発生する割合が高まるおそれがある。

 新型コロナウイルス変異株「L452R」のPCR検査の結果について
 

 

令和4年1月11日

                             いわき市新型コロナウイルス感染症対策本部長

                             いわき市長 内 田 広 之

お問い合わせ

いわき市新型コロナウイルス感染症対策本部事務局
電話番号:0246-27-8555

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?