メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 新型コロナウイルス関連情報 > 市長メッセージ・コメント・記者会見 > 記者会見 >臨時市長記者会見(令和3年5月28日)での市長コメント等について

トップページ > 市長室 > 市長記者会見 > 令和3年度 >臨時市長記者会見(令和3年5月28日)での市長コメント等について

臨時市長記者会見(令和3年5月28日)での市長コメント等について

更新日:2021年5月28日

臨時市長記者会見

発表内容 

日時

 令和3年5月28日(金) 午後5時30分から

場所

 災害対策本部会議室

案件

  1. 新型コロナウイルス感染症患者の市内発生状況について
  2. いわき市感染拡大防止一斉行動(リバウンド防止期間)の実施について
  3. 市公共施設の利用制限等について
  4. 非常時優先業務の延長について
  5. 70歳から74歳までの高齢者に係る新型コロナワクチン接種券の送付について
  6. 新型コロナワクチン接種に関する高齢者(65歳以上)予約サポートセンターの設置について
  7. 新型コロナウイルスPCR検査相談専用ダイヤルの対象者の拡大について

記者会見動画

市長コメント

 会見に先立ちまして、新型コロナウイルス感染症対策のため、医療の最前線で対応いただいている医療従事者の皆様はもとより、感染拡大防止のため、新しい生活様式などの実践にご協力をいただいております市民の皆様、事業者の皆様に対しまして、心から感謝申し上げます。

 県における5月の新規感染者数につきましては、月間過去最多を更新し増加しているものの、県独自の「非常事態宣言」を発出した5月中旬以降は減少傾向がみられるところであります。
 しかしながら、病床占有率につきましては、本日公表分で49.2%と、爆発的感染拡大を示すステージ4の水準を下回ったものの、依然として高く、病床ひっ迫が続く深刻な状況にあります。
 一方、市内におきましても、5月の前半は、月間過去最多であった4月を上回る高い水準で感染が拡大し、本日公表分までの合計で244人の新規感染者が確認されたものの、13日から、酒類を提供する飲食店等に対する時間短縮営業の要請が行われたことをはじめ、市独自の対策として、「感染拡大防止一斉行動」を実施したことなどもあり、19日以降は、新規感染者数が1ケタ台となり、減少傾向に転じてきております。
 こうした中、県内全域を対象とした非常事態宣言や本市における酒類を提供する飲食店等への時間短縮営業の要請につきましては、今月末で解除されることが、本日、県の対策本部員会議で決定されました。
 市民の皆様及び事業者の皆様には、これまでの外出自粛や時間短縮営業など「感染拡大防止一斉行動」へのご協力に対し、心から感謝申し上げます。

 しかしながら、市内の病床占有率につきましては、感染者の急増を示すステージ3の水準に高止まりしており、もう一段引き下げる必要があるほか、新規感染者のうち感染経路が不明な人の割合が増えていること、また、身近な医療機関における保険診療で感染が確認される人の割合が高いことなどから、感染の再拡大がいつ起きてもおかしくない、予断を許さない状況が今なお続いていると考えております。
 詳しくは、資料1、2をご覧ください。
 こうしたことから、市といたしましては、6月1日から6月20日までを「感染拡大防止一斉行動 リバウンド防止期間」と位置付け、県の非常事態宣言解除後の感染再拡大を防止するため、現在の新規感染者の減少傾向を着実なものとし、感染をできる限り早く沈静化させるための取組みについて、市民の皆様、事業者の皆様に、改めてご協力をお願いすることといたしました。
 具体的には、
 1つとして、感染が拡大している地域との不要不急の往来を自粛すること
 2つとして、感染対策が取られていない飲食店の利用を控えること
 3つとして、大人数・長時間の飲食を控えること
 4つとして、屋外レジャーやバーベキューによる家庭での感染に注意すること
 5つとして、従業員同士の昼食やクルマの同乗による事業所での感染に注意すること
であります。
 また、市の公共施設につきましては、休館等の措置は解除するものの、開館時間の短縮などの制限を行いながら、段階的に施設を再開していくことといたしました。
 併せて、市役所の非常時優先業務につきましては、仮に職員が感染した場合であっても市民生活に必要な行政機能の維持を図るため、リバウンド防止期間である来月20日まで継続することといたしましたので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 詳しくは、資料3から5までをご覧ください。

 次に「新型コロナウイルスワクチンの接種券発送について」であります。
 感染症の収束に向けたカギを握る重要な対策であるワクチン接種につきましては、先般、国から示された、「高齢者への7月末までの接種終了」という方針の達成に向け、接種ペースを加速させるため、市医師会をはじめとして関係者の皆様と調整を進めてまいりました。
 この結果、70歳から74歳の皆様への接種券の送付につきましては、当初の6月中旬から6月8日に前倒しすることが可能となりました。
 また、接種規模の拡大につきましても、市医師会をはじめとして関係者の皆様のご協力により、いわきグリーンベースで実施している集団接種数を大幅増加させるとともに、新たな集団接種会場として、平体育館を使用することも決定したところであります。
 これにより、7月末までに2回目の接種を終了する人の数が、当初の約5万人から約7万人にまで増え、高齢者人口の約7割まで終了できる見通しとなりました。
 今後とも、市医師会をはじめとして関係者の皆様のご協力をいただきながら、さらなる加速化に向けた協議を進め、一日でも早く市民の皆様のワクチン接種が可能となるよう体制の整備に全力を尽くしていく考えであります。
 なお、6月9日以降の予約可能枠は、5月27日現在で約42,000人分と、今回の接種券発送数よりも、かなり余裕のある数字となっておりますことから、予約をいただく際には、電話が集中する午前中を避けるなど、あわてることなく、対応いただきますようお願いいたします。
 詳しくは、資料6をご覧ください。

 次に「新型コロナワクチン接種に関する高齢者予約サポートセンター」の設置についてであります。
 ワクチン接種の予約につきましては、電話予約のほか、インターネットでの予約も可能でありますが、デジタル機器の操作に不慣れな高齢者の皆様より、ネット予約に苦慮しているとの声が寄せられております。
 これを受け、市といたしましては、市内13か所の支所や公民館に、6月8日から7月9日までの期間、「新型コロナワクチン接種に関する高齢者予約サポートセンター」を開設し、ネット予約をサポートさせていただくことといたしました。
 これにより、予約ができずに困っている皆様を支援し、予約申込みの円滑化につなげてまいりたいと考えております。
 詳しくは、資料7をご覧ください。

 次に「新型コロナウイルスPCR検査相談専用ダイヤルの対象者の拡大」についてであります。
 市におきましては、今般の感染拡大において、教育機関や児童施設でのクラスターが複数確認されていることを踏まえ、市内における感染拡大やクラスター発生をできる限り抑制するため、現在実施中の福祉施設や飲食店の従事者等への専用ダイヤルによる検査相談について、市内の小・中学校や保育所・幼稚園等の従事者についても、6月1日より対象に加えることといたしました。
 これらの事業所に従事される方のうち、無症状であっても、市外への往来や会食など、接触歴や行動歴から感染への不安がある場合は、相談により、無料でPCR検査を受けていただくことが可能ですので、ためらうことなく、専用ダイヤル 電話番号「0246-27-8596」に、ご相談くださるようお願いいたします。
 詳しくは、資料8をご覧ください。

 最後に、市民の皆様、事業者の皆様のご協力のお陰で、市内における感染拡大の危機的な状況は改善しつつありますが、感染力の強い新たな変異株が再び感染拡大を引き起こす可能性もあり、ここでしっかりと感染を抑え込まないと、感染が一気に再拡大し、これまでの皆様の努力が無になってしまう可能性があります。
 これまでの皆様との努力の成果を確実なものとするため、市民の皆様、事業者の皆様には、今しばらくの間、ご不便、ご苦労をおかけいたしますが、少しの気の緩みが、感染の再拡大や地域医療の崩壊につながることを強く意識し、「感染拡大防止一斉行動 リバウンド防止期間」における感染防止対策について、さらなるご協力をお願いいたします。
 私からは、以上であります。

事務担当 

  • いわき市新型コロナウイルス対策本部事務局(保健所総務課) 電話 0246-27-8555

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?