メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

サーリネンとフィンランドの美しい建築

更新日:2021年3月30日

ゴットリーブ・エリエル・サーリネン(1873-1950)は、フィンランドのナショナル・ロマンティシズムを代表する建築家です。19世紀末より、大学の同窓ゲセリウス、リンドグレンとの共同建築設計事務所で活動を始め、1900 年のパリ万国博覧会のフィンランド館、ヘルシンキ中央駅といった国家的プロジェクトを手がけたのち、23年にアメリカへ移住しました。
本展は、サーリネンのフィンランド時代の作例にスポットライトを当て、図面、写真資料、家具・インテリアデザインを通してその業績を振り返る、国内初の回顧展です。

会期  

2021年11月6日(土)~12月19日(日)

開館時間

9:30~17:00(入場は16:30まで)

休館日

月曜日

会場

いわき市立美術館

主催

いわき市立美術館

企画協力

キュレイターズ

観覧料

一般800円(640円)、高・高専・大生400円(320円)、小・中生200円(160円)
※( )内は、20名以上の団体割引料金

会期中の催し

いわきアリオス×いわき市立美術館連携事業
映画『コロンバス』上映会+トークセッション

美しいこの街で二人は出逢い、そしてまた歩き出す…
モダニズム建築への恋文とも言うべき映像美、小津安二郎監督にオマージュを捧げたコゴナダ監督作品

映画『コロンバス』オフィシャルサイト

日時:2021年11月13日(土)
会場:いわきアリオス本館4階小劇場
ゲスト:五十嵐太郎(建築史家)、豊田善幸(中之作プロジェクト)

※詳細は後日公開します。

お問い合わせ

教育委員会事務局 美術館
電話番号:0246-25-1111
ファクス番号:0246-25-1115