メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 都市計画 > 土地利用・まちづくり >3D都市モデルの構築について

3D都市モデルの構築について

更新日:2021年3月26日

 国土交通省では、Project“PLATEAU(プラトー)”として、実世界(フィジカル空間)の都市を仮想的な世界(サイバー空間)に再現する3D都市モデルの整備を、本市を含む全国約50都市において進めてきたところであり、この度、本市における当該モデルが構築されましたので、次のとおりお知らせします。
 今後、市では、当該モデルを様々なまちづくりに活用していきたいと考えています。
 

【3D都市モデルとは?】
 3D都市モデルは、都市空間に存在する建物や街路といったオブジェクトに名称や用途、建設年といった都市活動情報を付与することで、都市空間そのものを再現する3D都市空間情報プラットフォームであり、様々な都市活動データが3D都市モデルに統合され、フィジカル空間とサイバー空間の高度な融合が実現することで、都市計画立案の高度化や、都市活動のシミュレーション、分析等を行うことが可能となるものです。
 

PLATEAU(プラトー)

https://www.mlit.go.jp/plateau/app/ (PLATEAU(プラトー)ウェブサイト) 

※Webブラウザは、IE(インターネットエクスプローラー)非対応のため、Google ChromeやMicrosoft Edge、Firefox等でご覧ください。


  

 

 

 

常磐湯本地区VR

(常磐湯本地区の一部エリアでは、VRデータを作成しています)

https://www2.panasonic.biz/ls/lighting/vr/webgl/iwaki/  (VR公開サイト(パナソニック(株)))

VR操作マニュアル(342KB)(PDF文書)

※Webブラウザは、IE(インターネットエクスプローラー)非対応のため、Google ChromeやMicrosoft Edge、Firefox等でご覧ください。

 


 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

都市建設部 都市計画課
電話番号:0246-22-7511

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?