メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 医療 >新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えましょう

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 感染症 >新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えましょう

トップページ > 福祉・こども > 健康 >新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えましょう

トップページ > 福祉・こども > 健康 > その他 >新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えましょう

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備えましょう

更新日:2021年11月1日

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。

インフルエンザウイルスは非常に感染力が強く、いったん流行が始まると短期間に多くの人へ感染が広がります。

インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

新型コロナウイルス感染症と症状が似ており、臨床症状での判別は困難であると言われています。

インフルエンザの感染経路は、飛沫感染と接触感染があります。

   

発生状況について

 

インフルエンザ対策

これからの季節は、インフルエンザが流行する時期であり、今年は新型コロナウイルス感染症との同時流行も懸念されています。

インフルエンザに対する感染予防の方法は、新型コロナウイルス感染症に対しても有効ですので、正しい予防方法で「かからない」「うつさない」を心がけましょう。

予防のポイント

  • 流行する前にインフルエンザワクチンを接種しましょう。
  • こまめな手洗い、手指の消毒を心がけましょう。
  • 正しくマスクを着用しましょう。
  • 三密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避けましょう。
  • 室内は適度な湿度を保ちましょう。
  • 十分な休養とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めましょう。

 

発熱等の症状がある場合

  • 発熱等の症状のある方は、まずは電話で「かかりつけ医」へご相談ください
  • かかりつけ医がいない場合やどこに相談してよいか分からない場合は「受診・相談センター【フリーダイヤル0120(567)747】」にご相談ください。
  • 診療・検査医療機関は、発熱患者等が診療や検査を受けられる医療機関として、県が指定した医療機関です。診療等を希望する場合は、直接受診せず、必ず事前に電話してください。 また、これ以外にも発熱患者が受診できる医療機関はありますので、まずはかかりつけ医などの身近な医療機関に電話でご相談ください。 (【新型コロナ】「受診・相談センター」と「診療・検査医療機関」について-福島県ホームページ)

 

 

 

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課
電話番号:0246-27-8555
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?