メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 道路 >社会資本総合整備計画

社会資本総合整備計画

更新日:2021年8月30日

 社会資本整備総合交付金の概要

 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金の一つの交付金に原則一括化し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

 地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備等を総合的・一体的に支援することとされています。

 

社会資本総合整備計画【社会資本整備総合交付金(通常)】

活力に満ち思いやりにあふれた地域・社会の形成(58KB)(PDF文書)

 

 防災・安全交付金の概要

  防災・安全交付金は、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みを集中的に支援するため、平成24年度補正予算において創設された交付金で、地域の防災・減災、安全を実現する「整備計画」に基づく取組みについて、基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備や効果促進事業を総合的・一体的に国が支援するものです。

 いわき市では、令和元年度までに、地震・津波等、災害発生時における地域住民の生命を守るため、地域防災計画等で指定されている小学校等において、円滑な避難を行うための避難路の整備を実施しました。現在は、清水・空木線(小川町上平字清水地内)の道路改良事業や現道部分の段差解消・無電柱化等の事業を推進し、安全な歩行空間の形成を図っています。

 

社会資本総合整備計画【防災・安全交付金】

通学路等の要対策箇所における安全確保の推進(重点)(63KB)(PDF文書)

 

 

お問い合わせ

土木部 土木課
電話番号:0246-22-7490
ファクス番号:0246-24-2119

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?