メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 地域包括ケア(介護予防等) > 介護予防 >いわき市シルバーリハビリ体操

トップページ > ライフメニューから探す > 高齢・介護 > 地域包括ケア(介護予防等) > 介護予防 >いわき市シルバーリハビリ体操

いわき市シルバーリハビリ体操

問い合わせ番号:14679-5222-9662 更新日:2018年8月9日

 1 事業概要

 いわき市シルバーリハビリ体操は、身近な地域で気軽に介護予防活動に参加できる地域づくりをめざし、平成21年度から茨城県での取り組みを参考として、住民参加型介護予防事業として実施しています。

シルリハ体操ロゴ

2 体操の内容

 いわき市シルバーリハビリ体操は、「立って行う体操」「床に座って行う体操・寝て行う体操」「椅子に座って行う体操」「嚥下体操・失禁を予防する体操」などで構成されています。特別な器具を使用せず、「いつでも」「どこでも」「だれでも」できる体操です。筋力アップや関節の可動域の拡大、柔軟性を高め、転びにくい体づくり、元気に歩ける筋力の維持・向上に効果があります。

 体操の内容につきましては、次のパンフレット(PDF文書)をご覧ください。

3 体操指導士の派遣

 市では、シルバーリハビリ体操を始めてみたい方々(グループ)に対し、無料で体操指導士を派遣いたします。体操指導士派遣申込書に記入の上、地域包括ケア推進課へお申込みください。

【PDF文書】

【Word文書】

4 体操指導士(市民ボランティア)として活動したい方

 いわき市シルバーリハビリ体操を学び体操指導士になり、身近な場所で市民ボランティアとして体操の指導、指導補助として活躍される方を募集します。体操指導士として活動するには、養成講座(全10回)の受講が必要です。養成講座の受講者募集は、広報いわき、ホームページなどでお知らせいたします。

【受講生募集】 勿来地区シルバーリハビリ体操3級指導士養成講座 【詳細はこちら】

5 体操教室に参加して元気になりたい方

 転びにくいからだになりたい!もっと元気になりたい!とお考えの方には、お近くの体操教室(自主サークル)をご案内いたします。また、となり近所の皆さんやご友人のグループ等で新たに体操を始めてみようかと迷っている方には、体操教室の立上げや指導士派遣申込み方法等について、ご相談に応じます。地域包括ケア推進課までお問い合わせください。

お問い合わせ

保健福祉部 地域包括ケア推進課 事業推進係
電話番号:0246-22-7465
ファクス番号:0246-22-1289

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?