メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 入札・契約 > 入札・契約制度改善等のお知らせ >長期継続契約の拡大のお知らせ

長期継続契約の拡大のお知らせ

更新日:2016年2月3日

長期継続契約の拡大について

長期継続契約とは

 地方公共団体の会計年度は、地方自治法に基づき、毎年4月1日に始まり、翌年3月 31日に終わるものとされています。このため、本市が締結する様々な契約も、この原則に基づいて、一般的には年度内を期間とする契約になりますが、この例外として、各年度の予算の範囲内で給付を受けることを条件とし、会計年度を超えて複数年度にわたる期間の契約を締結することができる長期継続契約という契約の種類があります。
 長期継続契約ができる契約としては、これまでは、電気、ガス、水道の供給契約や電気通信役務の提供を受ける契約のほか、不動産を借りる契約がありましたが、地方自治法の改正により、各地方公共団体が条例で定める契約についても長期継続契約ができることとされました。 

本市における長期継続契約の拡大

 これに基づき、いわき市では、平成21年11月に「長期継続契約に関する条例」を制定しました。このことにより、新たに次の契約について、長期継続契約ができるようになります。

  1. 電子計算機、複写機その他の機器(当該電子計算機において使用するソフトウェアを含む。)を借り入れる契約
  2. 前号に規定する機器の保守点検に必要な役務の提供を受ける契約
  3. 庁舎等に機器を設置して行う警備に係る役務の提供を受ける契約

登録事業者の方への留意事項

 これまで単年度ごとに締結していた上記の契約については、今後、3~5年度分をまとめて締結できるようになりますが、これに伴い、契約金額も増加することから、随意契約や見積り合わせを行っていたものが競争入札を行うようになる場合があります。
 また、競争入札を行うに当たっては、複数年度にわたる契約の見積期間や、入札から履行開始までの準備期間を考慮して、入札等を従来よりも早い時期に行う場合がありますので、入札に指名をされた事業者の方は、御承知おきください。
 なお、長期継続契約は、「各年度の予算の範囲内で給付を受けることを条件として、複数年度にわたる契約を締結する」という法律上の制約により、いったん契約を締結しても、その後にその予算が削除又は縮減された場合には、契約を解除又は変更する可能性があるものですので、このことについても御承知おき願います。

お問い合わせ

財政部 契約課
電話番号:0246-22-7419
ファクス番号:0246-22-1251

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?