メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 入札・契約 > 入札・契約制度改善等のお知らせ > いわき市の制度改善等のお知らせ >災害復旧事業の早期復旧に向けた入札・契約の特例等について(平成23年8月11日)

災害復旧事業の早期復旧に向けた入札・契約の特例等について(平成23年8月11日)

更新日:2019年2月19日

東日本大震災に係る災害復旧工事契約の特例

 市では、現在、原則として発注予定額が1,500万円以上の工事について一般競争入札を実施していますが、東日本大震災に係る相当量の災害復旧事業について、早期着手、早期復旧を図る必要があることから、次の特例措置を実施します。

対象工事

 いわき市が発注する工事のうち、東日本大震災に係る災害復旧工事が対象となります。その他の工事は従前のとおりの方式により行うこととします。

特例措置の内容

  1. 原則として指名競争入札により実施することとします。ただし、緊急の必要がある場合などは随意契約によることも可能とします。
  2. 指名競争入札で業者選定を行う場合については、発注予定金額の等級区分にかかわらず行うこととします。

実施時期

 平成23年8月16日以降入札公告又は指名通知を行う工事から実施します。

お問い合わせ

財政部 契約課
電話番号:0246-22-7419
ファクス番号:0246-22-1251

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?