メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 情報化 > セキュリティ >いわき市情報セキュリティポリシー用語集

いわき市情報セキュリティポリシー用語集

問い合わせ番号:10010-0000-1542 更新日:2014年8月12日

CD-ROM(シーディーロム)

CD(コンパクトディスク)に音声、画像、テキスト、プログラムなどの電子データを記録できるようにしたもの。電子データを読み出すことはできるが、ユーザーが自分でデータを書き込むことはできない。

アカウント

利用するサービスにログインするための利用者権限をいう。

アクセス

(情報資産を)利用すること
コンピュータで情報の入力や取り出しを行うこと。
ネットワークを介して、他のコンピュータに接続すること。

アクセス権限

(情報資産を)利用する権限

アクセス制御

(情報資産を)利用する権限に基づき、アクセスできる情報システムの機器等を制限すること。

記録媒体

ハードディスク、フロッピーディスク、CD-ROM、磁気テープ等電子データを記録するための装置をいう。

コンピュータウイルス

第三者のプログラムやデータベースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、自己伝染機能、潜伏機能、発病機能のいずれか一つ以上を有するもの

磁気テープ

テープの表面に磁性体を塗布した記録媒体。音楽テープやビデオテープなども磁気テープの一種。データバックアップ用の記憶装置で利用することが多い。

執務室

事務を行う部屋をいう。

情報

情報システムで処理される電子データ。

情報システム

コンピュータでは全体として機能するハードウェアとソフトウェアの組み合わせなどを指す。
例えば、書類作成のためのパソコン本体、ディスプレイ、キーボード、マウス、プリンター、OS、ワープロソフトの組み合わせなど。職場での連携作業のために複数のパソコンを接続したネットワークや、さらにはデータベースを遠隔地のパソコンからオンラインで利用する仕組みなども同じ。

情報セキュリティ

情報資産の機密の保持及び正確性、完全性の維持並びに許可された利用者が必要なときに利用できる状態を維持することをいう。

情報セキュリティポリシー

組織体が所有する情報資産のセキュリティ対策について、総合的、体系的かつ具体的にとりまとめたもの。

情報セキュリティ対策

コンピュータシステムあるいは個々のハードウエアやソフトウエアを、災害や故障、不法な侵入やコンピュータウイルスなどによる破壊、改ざんから守ること。

情報資産

情報システム及び情報システムにより処理又は通信される電子データをいう。

ソーシャルメディア

インターネット上のWeb サービスの一種で、サービス利用者間で双方向のコミュニケーションを可能とするものをいう。

電子計算組織

与えられた一連の処理手順に従い、事務を自動的に処理する電子的機器の組織をいい、ホストコンピュータ、サーバ、コンピュータ、パソコン等を指す。

盗聴

ここでいう盗聴は、情報を盗み見ることをいう。

ネットワーク

電子計算組織を相互に接続するための通信回線網及びその構成機器をいう。

ネットワーク構成図

ネットワークの機器や、経路制御等を示した図や表のこと。

パスワード

情報システムや情報にアクセスする際に、正当な利用者であることを確認するために入力する文字列。

不正アクセス

情報システムへのアクセス権限がない者が、他人のアクセス権限を利用し、その情報システムを無断で利用または使用すること。
また、情報システムへのアクセス権限がない者が、無断で情報システムを無断で利用または使用することをいう。

フロッピーディスク

磁性体を塗布した薄いプラスチックの円盤に磁気でデータを記録し、読み書きする記憶媒体。紙やプラスチックでできた四角いジャケットに入っている。

お問い合わせ

総務部 情報政策課
電話番号:0246-22-7412
ファクス番号:0246-22-7560

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?