メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 公園・緑化 >勿来の関公園(施設の概要)

トップページ > くらし・地域 > 地域情報 > 勿来地区 > こどもの施設 > 公園 >勿来の関公園(施設の概要)

トップページ > 施設案内 > 公園 > 勿来地区 >勿来の関公園(施設の概要)

勿来の関公園(施設の概要)

問い合わせ番号:10010-0000-1287 更新日:2016年12月27日

 

施設の概要

奥州三古関のひとつである「勿来の関」が位置する勿来地区は、古くから東北の玄関口としての役割を果たしてきた歴史性を有するとともに、県境地域に連なる山岳地に代表される豊かな自然環境を有しています。
その中で、本市観光の南部拠点のひとつである勿来の関公園は、古くから桜の名所として、県内外の人々から親しまれている風致公園です。

勿来の関公園マップ

源義家像 詩歌の古道
源義家像 詩歌の古道
ピクニック広場 ピクニック広場
ピクニック広場 ピクニック広場
ピクニック広場 お花見広場
ピクニック広場 お花見広場
お花見広場 サクラ
お花見広場 美しいサクラが咲き乱れます
吹風殿 勿来関文学歴史館
吹風殿 勿来関文学歴史館

 勿来の関について

勿来関は、平安時代の武将源義家の「吹風をなこその関とおもへども・・・」の和歌をはじめ、紀貫之、小野小町、和泉式部、西行法師など、おなじみの歌人も和歌に詠んだ有名な歌枕です。
江戸時代には、水戸と磐城、相馬、仙台をつなぐ浜街道に沿っていくつかの宿場があり、勿来町にも関田宿という宿場町が形成されていました。
飛鳥井雅宣、西山宗因、徳川光圀、吉田松陰が、この勿来関への想いをそれぞれの胸に風光明媚な当地を訪れています。
近代には、源義家の歌碑や、芭蕉の句碑が建てられ、斎藤茂吉、山口茂吉、徳富蘆花、角川源義、中里介山などが当地を文学作品に残しています。

地図

外部リンク

お問い合わせ

都市建設部 公園緑地課
電話番号:0246-22-7518
ファクス番号:0246-22-7568

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?