メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 道路 >道の駅よつくら港

道の駅よつくら港

問い合わせ番号:10010-0000-1150 更新日:2016年1月24日

福島県の東に位置するいわき市四倉町は、西は阿武隈山系に囲まれ、東は青々とした太平洋に面しています。海洋性気候のため温暖で、自然豊かな緑あふれる町です。道の駅よつくら港は国道6号に面した四倉漁港内にあり、福島県内第19番目の本市初の道の駅です。震災から1年5ヶ月、平成24年8月に新交流館がリニューアルオープンし、平成26年4月1日には情報館が再供用を開始し、4月26日には被災児復興支援施設「チャイルドハウス ふくまる」がオープンしました。

道の駅よつくら港

  • 正式名称:道の駅よつくら港(よつくらこう)
  • 愛称:浜風香るシーサイド夢長屋(はまかぜかおるしーさいどゆめながや)
  • 所在地:いわき市四倉町字5丁目218
  • 管理運営者:特定非営利活動法人よつくらぶ
  • 電話番号:道の駅:0246-32-8075 チャイルドハウス:0246-88-9940
  • ファクス番号:道の駅:0246-68-6690 チャイルドハウス:0246-88-9941
  • 駐車台数:普通車62台、大型車15台、車椅子対応2台 計79台
  • 開館時間
    交流館:農水産物直売所/お土産売場:午前9時から午後6時まで
    フードコート:午前10時から午後6時まで(海カフェから午後9時まで)
    情報館:午前8時30分から午後10時まで
    チャイルドハウス:午前10時から午後4時まで
  • 休館日
    交流館:毎月第3火曜日
    情報館:年中無休
    チャイルドハウス:毎月第3火曜日・年末年始
  • 道の駅登録:平成21年7月31日(県内19番目)

施設概要

道の駅よつくら港交流館

農水産物や特産物等の展示・販売を通しながら、来館者との多様な交流や地域間交流、及び農水産物の消費拡大を促進し、地域振興を図ります。

農水産物直売所

新鮮な魚介類や、旬な地野菜、加工品を販売するとともに、生産者の顔が見える安心安全な食を提供しています。

フードコート式レストラン

地元の食材を活かした各種メニューを用意するとともに、テラス席から太平洋や海浜ふれあい広場を一望し、豊かな眺望を眺めながら食事をゆっくりと楽しめます。

いわき市道の駅よつくら港情報館

魅力ある地域情報や適切な道路情報等を分かりやすく親切に利用者に提供するとともに、快適な休憩場所を提供し、利用を促進します。

  • 休憩設備(テーブル3台、椅子12脚)
  • 大型モニター(道路情報用1台、観光・地域情報用1台)
  • 情報端末(タッチパネル式PC2台)
  • その他情報発信設備(展示パネル、コルクボード、無線公衆LAN)
  • トイレ(男小3器、男大2器、女6器、多目的1器 計12器、オストメイト・車椅子利用者対応、フィッテングボード完備)

被災児復興支援施設「チャイルドハウス ふくまる」

子どもたちの笑い声が聞こえる遊びの場、地域活性イベントの場として施設を提供し、震災遺児孤児や被災地の子ども達の心と体のケア活動、家族の方々の悩み相談・子育て相談などを支援していきます。

  • 遊び場兼地域交流施設(親子で屋内遊び、地域行事・季節行事に参加、音楽演奏、絵本の読み聞かせ)
  • 遊具の種類(つみっく、クライミング、ボールプール、平均台、すべり台等のキッズ遊具)
  • 研修室(教育関係者による懇談会、ボランティア対象による研修会など)
  • 相談室(子育て相談、臨床心理士による遺児孤児相談など)
  • 授乳室(授乳、おむつ替え設備(ベビーベッドなど))
  • トイレ(男小2器、男大1器、男子ども1器、女大2器、女子ども1器、多目的1器)

その他施設

  • 屋外トイレ:男小3器、男大1器、女3器、多目的2器 計9器(24時間使用可能)
  • 海浜ふれあい広場:ドライバーのリフレッシュ空間及び地域イベント会場として活用
  • 入口標識塔:たいまつを模した当駅のシンボル(夜はライトアップされ赤々と燃える)

交通案内

道の駅よつくら港アクセス

常磐自動車道いわき四倉ICより車で約15分

お問い合わせ

土木部 土木課
電話番号:0246-22-7490
ファクス番号:0246-24-2119

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?