メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 住まい > 災害公営住宅 >いわき市災害公営住宅入居選考基準について

トップページ > ライフメニューから探す > 引越し・住まい > 災害公営住宅 >いわき市災害公営住宅入居選考基準について

いわき市災害公営住宅入居選考基準について

問い合わせ番号:10010-0000-1100 更新日:2018年8月14日

入居選考基準に係る基本的な考え方

いわき市が整備する災害公営住宅については、多数の申込みが見込まれており、すべての申込者が、希望する条件の住宅に必ずしも入居できるとは限らないことから、入居選考をせざるを得ない状況となることが見込まれます。そこで、選考にあたっては公正な入居を進めるため、入居選考基準の策定が必要となっております。

このため、学識経験者及び災害公営住宅建設地区代表者で構成される、「いわき市災害公営住宅入居選考基準検討委員会」を設置し、入居希望者の要望や課題の調査検討が行われてきました。

このたび、去る9月18日に同委員会から市に対し、当該検討結果をとりまとめた提言がなされたところであり、この内容を踏まえ、平成25年9月20日に「いわき市災害公営住宅入居選考基準」を策定いたしました。

配点される主な項目

  • 地域コミュニティの形成
  • 地元回帰希望者
  • 子育て・若年夫婦世帯
  • 高齢者世帯
  • 障がい者・要介護者世帯
  • 居住の状況

配点の考え方

  • 地域の復興及びコミュニティを特に重視すべきとの考えのもと、「地域コミュニティの形成」及び「地元への居住」を最高配点とする。
  • 将来世代を重視するために、「子育て・若年夫婦世帯」を高配点とする。
  • それぞれの置かれている状況に細かく配慮するため、「高齢者世帯」、「障害者・要介護者世帯」、「世帯人数」及び「多子世帯」を程度に応じて細かく配点する。

入居選考基準

入居選考基準を掲載しますので、ご参照ください。

いわき市災害公営住宅入居選考基準検討委員会から市への提言

「いわき市災害公営住宅入居選考基準検討委員会」においては、全4回の会議を開催し、入居希望者の要望や課題に係る調査検討を行い、その結果を取りまとめたうえで、市に対し「いわき市災害公営住宅入居選考基準の策定にあたって」の提言書が提出されました。その内容について掲載しますので、ご参照ください。

提言の様子1

提言の様子2

お問い合わせ

土木部 住宅営繕課 入退去係
電話番号:0246-22-7497
ファクス番号:0246-22-7596

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?