メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 食品衛生 > 注意お知らせ >ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

トップページ > ライフメニューから探す > 妊娠・出産 > 健康・病気 >ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてからにしましょう

問い合わせ番号:10010-0000-0308 更新日:2017年4月12日

赤ちゃんのお母さん・お父さんやお世話をする方へ

妊娠中、育児中のご自身の食事や赤ちゃんの食事に気をつけてください。 

1歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料やお菓子などの食品は与えないようにしましょう。
 (ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。)

食品事業者の方へ

 ハチミツおよびハチミツを含む食品は「1 歳未満の乳児には与えないで下さい。」という情報を、表示などにより消費者に分かりやすく提供するようお願いします。

参考情報 これからママになるあなたへ(食べものについて知っておいてほしいこと)

これからママになる方向けに、食べものについて知っておいてほしいことや粉ミルクの作り方の注意点に関するパンフレットが厚生労働省ホームページに掲載されておりますので、お知らせします。

     

お問い合わせ

保健福祉部 保健所 生活衛生課 食品衛生係
電話番号:0246-27-8593
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?