メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 健康 > その他 >いわき市と社団法人いわき市薬剤師会との災害時の医療救護活動等に関する協定書締結について

いわき市と社団法人いわき市薬剤師会との災害時の医療救護活動等に関する協定書締結について

問い合わせ番号:10010-0000-0091 更新日:2016年1月24日

1 主旨

災害時における医療救護については、これまで、平成17年3月30日にいわき市医師会と締結した「いわき市災害時の医療救護に関する協定書」を締結しています。
昨年発生し、未曾有の大災害となった東日本大震災時においては、薬剤師もチーム員として活動されましたが、明確な位置づけがなかったことから、ボランティアとしての活動となったところです。
このため、大規模災害時における薬剤師の医療救護活動を制度的に担保すると共に、服薬が必要な患者へ薬剤提供を可能とするよう薬局の開局要請等、時宜に応じた要請についても可能となるような協定書を締結しました。
今後は、万が一の大規模災害時等における救護や薬剤提供窓口等、医療面からの市民の安全・安心に一層の寄与が見込まれます。

協定書を取交す長谷川会長と渡辺市長の画像

2 協定書締結式

(1) 実施年月日及び場所

平成24年5月22日(火曜日)午前10時から
いわき市役所3階 第3会議室

(2) 出席者

社団法人いわき市薬剤師会 会長 長谷川祐一
いわき市 市長 渡辺敬夫

3 協定書の主な内容

  • 大規模災害時等に、医療救護のため薬剤師の派遣を要請できることとしました。
  • 医療救護の他、時宜に応じた協力要請を可能としました。
    (生活習慣病等により継続した服薬が必要な患者さんのため、災害時においても薬局の開局要請等を可能としました)

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課
電話番号:0246-27-8555
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?