メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

「こんろ」からの火災に注意!

問い合わせ番号:10010-0000-2492 更新日:2019年1月22日

「こんろ」からの火災が増えています!

こんろからの火災

特に、鍋などを「こんろ」にかけたままにして、その場を離れてしまい、火災に至ったケースが増えています。

注:住宅用火災警報器の鳴動音や、窓から出ている煙に気付いた付近住民の迅速な119番通報により火災にならなかったケースもありました。

火災の発生経過

  • 天ぷらなどの調理をしている際にその場を離れてしまった。
  • 調理していたことを忘れて、そのまま放置した。
  • こんろからの熱により、壁の内部が炭化した。
  • こんろの周囲に可燃物を置いていた。

こんろからの火災を防ぐために次のことに注意しましょう!

  • 調理中など、「こんろ」を使用しているときの電話や来客への応対の際は、少しの間であっても必ず火を消しましょう。
  • 「こんろ」を使い終わったら、必ず火を消し元栓を閉めましょう。
  • 「こんろ」と壁との間隔を十分に取りましょう。
  • 「こんろ」の周囲に燃えやすい物は置かないようにしましょう。
  • ゴム管には「止め金具」をつけましょう。
  • 古いゴム管はすぐに取り換えるようにしましょう。

また、天ぷら油からの火災の際には、絶対に水をかけてはいけません!

非常時に備えて、消火器を準備しておきましょう!

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話番号:0246-24-3941
ファクス番号:0246-24-3944