メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 消防本部 > 火災予防ニュース >充電池(リチウムイオン電池)からの火災にご注意を!!

充電池(リチウムイオン電池)からの火災にご注意を!!

更新日:2022年7月1日

 

 

 

 

リチウムイオン電池からの火災にご注意を!!

~誤った使用方法や廃棄による火災が増加しています~

※リチウムイオン電池は、モバイルバッテリー、スマートフォン、コードレス掃除機、ノートパソコンなど幅広く使用されていますが、全国的に充電中や使用中のリチウムイオン電池から出火する火災が増えています。

~火災を防ぐために~

 機器購入 時に付属されているメーカー指定の 充電器やバッテリー(純正品)を使用しましょう。

2 接続部が合致するからといって、充電電圧を確認せずに使用するのはやめましょう。

3 膨張、異音、異臭など異常が生じたものを使用するのはやめましょう。

4 充電が最後までできない、使用時間が短くなった、充電中に熱くなるなどの異常があった際には使用をやめて、メーカーや販売店に相談してください。

5 高温になる場所(夏場の車内等)に放置しないでください。

6 廃棄の際は事業団体が回収するリサイクルへ出しましょう。

 

〇火災事例1

「コードレス掃除機用 バッテリー パック(非純正品) を充電中に出火した火災」

 この火災は、住宅の3階居室内でコードレス掃除機を充電していたところ、バッテリーパック内部で短絡して出火したものです。居住者が1階の居室にいたところ、上階から大きな音がしたので上階へ行くと、3階寝室のベッドから炎が立ち上がっているのを発見しました。

※教訓等

 インターネットでコードレス掃除機や電動工具用などに取り付けできる、「純正品でないバッテリーパック」が安く販売されています。しかし、一部のコードレス掃除機用の純正品でないバッテリーパックからの火災が発生したため、経済産業省が令和元年8月9日にホームページで注意喚起しています。充電式電化製品のバッテリーパックは、取扱説明書に記載されているバッテリーパックを使用しましょう。

 

火災事例2

「ごみ収集中のごみ収集車から出火した火災」

 この火災は、道路上で可燃ごみ 収集中のごみ収集車荷箱内で、可燃ごみとして捨てられたモバイルバッテリーが押しつぶされたため、バッテリー内部が短絡し出火したものです。清掃事務所職員は、収集作業中に焦げ臭いにおいを感じたため荷箱内を確認すると、中から煙が出ているのを発見した。


※教訓等

 リチウムイオン電池などの充電 式電 池 を捨てる際は、区市町村の分別回収方法をご確認いただくか、家電量販店などのリサイクル協力店にお持ちください。なお、リサイクル協力店 と回収方法の最新情報は、一般社団法人JBRCのホームページからご確認ください。

 

モバイルバッテリーなどの処分や取り扱い情報は?
 
       

 

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話番号:0246-24-3941
ファクス番号:0246-24-3944

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?