メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 消防本部 > トピックス >予防救急(熱中症編)

予防救急(熱中症編)

更新日:2021年9月21日

 令和3年度熱中症統計   

 

令和3年度は、前年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、室内で過ごす機会が増え、運動不足による体力低下や、冷房を使うタイミングが遅くなりがちです。

熱中症を予防するために、早めの冷房やこまめな水分補給、適度な運動を心がけましょう。

 

  

また、令和3年度より、 環境省・気象庁による「熱中症警戒アラート」の運用が全国で開始されました。

熱中症警戒アラート発表時の予防行動(1MB)(PDF文書)

実施期間は令和3年4月28日から同年10月27日までです。

環境省のホームページ(熱中症警戒アラート)(外部サイト) 

さらに、市消防本部では、暑さ指数(WBGT値)が【厳重警戒:28℃から31℃まで】に達することが予測される場合に、消防車両等による巡回広報を昨年より実施しております。 

 

令和2年度熱中症統計 

 

令和2年度は、6月1日から10月4日までの期間に187件(前年比△40件)の熱中症が発生し、特に、気温が上昇した8月に件数が急増しました。

また、新型ナウイルス感染症拡大の影響により、マスクを着用するなどの新しい生活様式に加えて、熱中症の予防対策を実施しなければならない状況となりました。

 

 

   

 発生場所別に比較すると、「住居」からの搬送が最も多く、全体の46%となりました。

また、屋内で発生した熱中症は98件(前年比△63件)、屋外では89件(前年比+5件)となりました。

 

 

 

 

 

 

年齢別で比較すると、65歳以上の高齢者が62%(前年61%)を占めております。

高齢者だけではなく、小さいお子さん、持病のある方、肥満の方や、障がい者の方は、一般的に熱中症のリスクが高いといわれております。

熱中症は、適切な対策を実施することで、予防することができ、万一発症しても重症化を防ぐことができる疾患です。

熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう。

 

 

熱中症とは

熱中症

室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害を起こす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

熱中症の応急手当

  1. 涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせましょう。
  2. エアコンをつけたり、扇風機やうちわなどで風をあて、体を冷やしましょう。
  3. 首の周り、脇の下、太もものつけねなど、太い血管の部分を冷やしましょう。
  4. 飲めるようであれば、水分をこまめに取らせましょう。 

熱中症の予防法 

新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。 

その中でも、熱中症を予防するために次のことを心がけましょう。

暑さを避けましょう! 

  • 部屋の温度をこまめにチェックしましょう。
  • 部屋に温度計を置くことをオススメします。 
  • 涼しい服装をこころがけましょう。  

適宜マスクをはずしましょう!

  • 気温・湿度が高い中でのマスク着用は要注意!
  • 屋外では、十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずすことも考えましょう
  • また、マスクを着用している時は、負荷がかかる作業や運動は避けましょう。
  • 無理をせず、適度な休憩をとることをオススメします。

こまめに水分を補給しましょう!

  • のどが渇く前にこまめに水分補給しましょう(1日1.2リット ル目安)
  • 塩分の入ったスポーツドリンクを飲むのをオススメします。 

 日頃から健康管理をしましょう! 

  • 日頃から体温測定などを行い、体調がわるい時は、無理せず、自宅で静養しましょう。

 暑さに備えた体作りをしましょう!

  • 暑くなり始めの時期から適度に運動しましょう
  • 外出は帽子をかぶるなど、日よけ対策をオススメします運動は涼しい時間帯に!

     

 

 

熱中症予防啓発ビデオ(外部リンク)

総務省消防庁HP内:熱中症予防啓発ビデオ15秒ver(10.8 MB) (新しい画面で開きます。)

総務省消防庁HP内:熱中症予防啓発ビデオ5分ver(186 MB) (新しい画面で開きます。)

 

 

 

 

 

動画 URL https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html#heatstroke04

お問い合わせ

警防課救急係
電話番号:0246-23-7061
ファクス番号:0246-24-3944

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?