メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 消防本部 > 消防車両の紹介 >いわき市の消防車

いわき市の消防車

更新日:2021年1月15日

 

いわき市消防本部では、ポンプ車、救急車、はしご車等の消防車両83台を配備し、災害に備えています。(令和2年4月1日現在)

 消防ポンプ自動車

消防ポンプ自動車

水を吸い上げたり、放水する機能を持った動力ポンプを備えており、毎分2,000リットルの放水能力を持っています。

中央台11  
全 長 5780mm
全 幅 1890mm
全 高 2850mm
総重量 6985kg

 

 

 

 水槽付消防ポンプ自動車

水槽付消防ポンプ自動車

1,500リットルから2,000リットルまでの水を積載しており、素早い放水活動が可能です。

小名浜21  
全 長 6480mm
全 幅

2260mm

全 高 2825mm
総重量 8430kg

 

 

 

 

 

 救助工作車

救助工作車災害等により、生命身体に危険がおよび、救助を求めている人を救出するための資機材を積載しています。

平31  
全 長 8000mm
全 幅

2420mm

全 高 3550mm
総重量 11875kg

 

 

 

 

   はしご付消防自動車

はしご付消防自動車高層建物の消火活動や人命救助を行うために、伸縮するはしごを装備させており、高さ30メートルと40メートルのものがあります。

平41  
全 長 10700mm
全 幅 2490mm
全 高 3600mm
総重量 19250kg

 

 

 

  

 高規格救急自動車

病人や怪我人を、適切な応急処置を行いながら、医療機関へ搬送します。普通救急自動車と救急救命士が同乗する高規格救急自動車があります。

警防51  
全 長 5330mm
全 幅

1880mm

全 高 2490mm
総重量 3285kg

 

 

 

 

  化学消防ポンプ自動車

化学消防ポンプ自動車

水を1500リットル、消火薬剤を500リットル積載している車両です。油火災や車両火災の時に、積載している水と泡消火薬剤を混合させて、泡を放射します。

常磐61  
全 長 7120mm
全 幅

2350mm

全 高 2930mm
総重量 10830kg

 

 

 

 大型化学高所放水車

主に石油コンビナートの大規模油火災時に使用する車両です。積載している泡消火薬液を水と混合させ、高さ22メートルの放水塔から、大量の泡を放射することができます。 

小名浜92  
全 長 10000mm
全 幅

2490mm

全 高 3790mm
総重量 16320kg

 

 

  

  泡原液搬送車

泡原液搬送車石油コンビナートの大規模油火災時に使用する車両です。大規模な油火災を消火するために必要となる泡消火薬液を8,500リットル積載することが可能です。

勿来91  
全 長 9870mm
全 幅

2490mm

全 高 2910mm
総重量 21095kg

 

 

 

    指揮隊車

指揮隊車

各隊の応援活動に必要な各種資器材を積載し効率的・効果的な消防応援活動を行うことを目的とし、主要な資器材として、移動式指揮台、クイックテント及びバルーンライト等の現場指揮本部設営資機材を積載しています。

指揮1  
全 長 5480mm
全 幅

1880mm

全 高 2500mm
総重量 3260kg

 

 

 

 支援車

指揮隊車

乗車人員20 人以上で後部に資機材積載スペースを有し、被災地へ交代要員及び資機材等を同時に搬送することが可能な車両です。消防活動の後方支援や、大規模イベント時の本部運営が可能です。

警防81  
全 長 8290mm
全 幅

2380mm

全 高 3320mm
総重量 10180kg

 

 

 

 重機及び重機搬送車

指揮隊車

土砂災害等が発生した際に、瓦礫や土砂の除去作業にあたる重機(油圧ショベル)と、重機を迅速に現場へ投入するための搬送車です。
緊急消防援助隊に登録しており、「土砂・風水害機動支援部隊」の中核となる車両です。
 

小名浜93  
全 長 11590mm
全 幅

2490mm

全 高 3410mm
総重量 19935kg

 

お問い合わせ

消防本部 警防課
電話番号:0246-24-3943
ファクス番号:0246-24-3944

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?