メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

令和元年度 水道週間「絵画展」入賞作品(佳作)

問い合わせ番号:15583-4371-5039 更新日:2019年5月25日

絵画展 審査結果

 いわき市水道局が実施する水道週間イベント「絵画展」において、今回は、12の小学校から447点の応募がありました。
 その中から佳作作品(20点)を紹介しますので、どうぞご覧ください。

佳作


根内 陽太 さん
「生活には、水がある」 



長塚 梨杏 さん
「水は役に立つ」 



濱松 心優 さん
「作られてきれいになった水」 



大井川 心結 さん
「水の大切さ」 



鈴木 永羽 さん
「自然の水でも大切に」 



山田 深月 さん
「水はせつやく大切に」 



鈴木 陽菜香 さん
「水を大切に」 



新妻 莉々 さん
「身の回りの水に感謝を」 



高橋 雫 さん
「水は 大切な物」 



大畑 結愛 さん
「水を大切に」



西山 大凱 さん
「お水は、みんなの命」



幡野 太珂 さん
「川の水もみんなの水」



蛭田 ハンナ さん
「水と地球とみんなは友だち」



小田嶋 壮介 さん
「水はみんな、そして地球の宝物」



田中 樹月 さん
「水の大切さ」



川上 峻 さん
「もったいない水を止めて」



水島 咲愛 さん
「水はとっても大事な物」



井上 睦寛 さん
「水は人間へのたからもの」



渡邊 羽奈 さん
「地球の水」



吉田 麻緒美 さん
「水のめぐみをありがとう」
 

審査講評

審査員 伊藤 弘子

  • それぞれの作品が日常生活での水との関わりで、心に残る場面を素直に表現していました。
  • 明るい色彩、色調で自分の想いを表現していて、楽しさまで感じさせられる作品が多かったです。
  • 今まで学習した用具の使い方や、それぞれの用具の特徴を生かした表現方法を選んで完成させている作品が多く見られました。
  • 水の学習で、水への理解を深めていると思われる表現が多く見られました。

審査員 沢 宏一

  • 明るく、のびのびとした作品が多くありました。また、発想(考え)が広がる4年生らしく、水に関わる様々なことを表現しようと工夫している絵が多くありました。水に対する体験が増えてきた4年生だからだと感じています。
  • 説明的になりすぎ、ポスターのようにならないよう、今後図画工作の学習の時間に学んでいくよう期待しています。

審査員 廣木 賢一

  • 出品数の多さにまず驚き、作品のすばらしさに感激しました。
  • 例年になく、苦労せずに選考できたのは、レベルが上がったからかもしれません。
  • 発想はおもしろいが、技術力のなさで選ばれないものもいつくかありました。
  • 全体的に趣旨を理解し、子どもらしい明るい作品が多く、楽しく選考できました。

 

お問い合わせ

水道局 経営企画課
電話番号:0246-22-9309
ファクス番号:0246-21-4844