メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 水道局 > トピックス >令和2年度 水道週間「写真展」入賞作品(最優秀賞・優秀賞)

トップページ > 水道局 > 広報・イベント・広聴 > 水道週間 > 「写真展」入賞作品集 >令和2年度 水道週間「写真展」入賞作品(最優秀賞・優秀賞)

令和2年度 水道週間「写真展」入賞作品(最優秀賞・優秀賞)

更新日:2020年5月28日

写真展 審査結果

 いわき市水道局が実施する水道週間イベント「写真展」において、今回、50名の皆さまから90作品のご応募をいただきまして、ありがとうございました。
 その中から最優秀賞作品(1点)と、優秀賞作品(3点)をご紹介しますので、どうぞご覧ください。
 (注) 各賞、応募順に掲載しています。

最優秀賞

疎水に遊ぶ
柏舘 健 さん
「疎水に遊ぶ」

選考理由
 北帰行が叶わなかった白鳥のつがいに生まれた雛たちでしょう。                                                                                                                         
 何日も通い、日々成長する姿を定点撮影し、この作品が完成したのだと思います。                                              
 手前の一羽の口元の一滴の水滴がポイントとなり、前景のクローバーの花をアクセントに入れたことが、作品をドラマ化しています。
 水路で遊ぶ雛たちの対話する声が聞こえてくるようです。

 

優秀賞

夏井川 夕日
ムーア ケビン リース さん
「夏井川 夕日」

選考理由
 美しい作品です。                                                         
 作者の心の響きを捉えた作品と思います。
 何日も足を運び、素晴らしい風景に出会いが出来た作品といえます。
 一言で作者の努力です。


 

春らんまん
柏舘 光子 さん
「春らんまん」

選考理由
 春ののどかな風景に心が癒されます。
 前景のタンポポの花、流れ行く水の輝き、背景の満開の桜。
 
今でもこのような美しい風景に感動し、作者は心に響きシャッターを切った一コマと思います。


池の美
佐藤 隆義 さん
「池の美」

選考理由
 とても好感の持てる美しい作品です。                                     
 優しく静かな情景が、見る側に安らぎをもたらしています。
 空が映りこむ水面の模様と水の中の赤い金魚の組み合わせが作者の秘められた感情が「一枚の絵」として完成された作品です。

審査講評

 新型コロナウイルス感染の危機に立たされている現在。
 人々は、自宅での自粛を余儀なくされ、終息を願っている。                                                                                                                                                                                                                            
 いわき市の街も、観光地も、歩く人の姿もまばらで、活気がなくなっている。
   そうした中、「令和2年度水道週間写真展」は第13回を迎え、90作品の応募がありました。
 「水」という課題を追求し、自己表現をされた皆様には、感謝しています。
   応募作品は、皆レベルが高く審査には時間をかけ、課題に応じた作品を3人の審査員によって選出しました。

                                 審査員長 上遠野 良夫 (写真家)

お問い合わせ

水道局 総務課
電話番号:0246-22-9312
ファクス番号:0246-21-4644

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?