メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 教育委員会 > 学校教育関係 >いわき市通学路交通安全対策プログラムについて

いわき市通学路交通安全対策プログラムについて

更新日:2022年3月24日

 

いわき市通学路交通安全対策プログラムについて(令和3年度改訂)

プログラムの策定と推進体制の構築

 全国で多発する通学時の児童生徒が交通事故に巻き込まれる事故を受け、本市においても通学路の安全対策を図るため、今後の取組方針を定めた「いわき市通学路交通安全対策プログラム」を平成26年度に策定し、その後、毎年更新を行っています。

 平成27年度には、学校関係者や国道・県道・市道などの道路管理者、警察等と推進体制(いわき市通学路交通安全対策推進協議会)を構築し、平成28年度から、3年に1度の頻度で、学校関係者・PTA関係者・道路管理者・警察等と連携し、市内の小学校において、通学路の危険箇所の一斉合同点検を実施いたしました。

 また、令和3年度には、令和3年6月に千葉県八街市において下校中の児童の列にトラックが衝突した交通事故を受け、緊急の通学路一斉合同点検を実施いたしました。
 合同点検の結果、対策の必要性が明らかになった箇所については、ハード面の対策に加え、必要に応じ、ソフト面の対策についても検討してまいります。

 なお、いわき市通学路交通安全対策推進協議会は、令和3年2月9日に解散し、児童生徒の登下校時における交通安全対策並びに防犯対策に取り組むための組織「いわき市通学安全対策推進会議」を設置しております。

 本プログラムは、令和元年度から令和3年度までに行った一斉合同点検の結果、危険箇所として反映した内容に更新しております。

 

取組方針

 通学路の安全を確保するため、関係機関による合同点検を定期的・継続的に実施するとともに、それぞれの管理者等が実施した対策についても、その効果を検証し、更なる対策の改善・充実を図ります。

 

 合同点検の実施

 市内の小学校を対象に、学校関係者・PTA関係者・道路管理者・警察等と連携して、通学路の危険箇所の一斉合同点検を実施します。 (これまで平成28年度、令和元年度及び令和3年度に実施。次回は令和4~5年度の2ヵ年で実施予定。)
 

 対策の検討

 対策の必要性が明らかになった箇所については、ハード面の対策(ガードレールの設置や白線の引き直し等)に加え、ソフト面(見守りや看板の設置による啓発等)の対策についても検討していきます。

 

 今後も、関係機関と連携を図り、市内小学校の通学路の安全対策を進めてまいります。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

教育委員会事務局 学校支援課
電話番号:0246-22-7594
ファクス番号:0246-22-7591

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?