メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

令和元年東日本台風 あの日から一年(広報いわき 令和2年10月号掲載)

問い合わせ番号:16010-1899-9901 更新日:2020年10月1日

 昨年10月に本市を直撃した令和元年東日本台風は暴風を伴う記録的な大雨となり、河川の決壊などで尊い命が失われるとともに、床上浸水や土砂災害、平浄水場の被災に伴う断水など、市内各所に甚大な被害をもたらしました。また、同月25日の大雨がさらなる追い打ちとなり、東日本大震災を除いて本市では過去最悪の災害となりました。

 市では、発災直後から人命を最優先に考え、被災地の一日も早い復旧・復興に努めるとともに、被災された皆さんの生活再建に尽力し、間もなく一年を迎えます。8月31日には、この災害を第三者に検証いただくため設置した「台風第19号における災害対応検証委員会」の最終報告書を私自らが受領いたしました。同報告書には情報伝達・避難所・避難行動のあり方や災害対策本部の対応、自助・共助・公助の役割、新型コロナ対策など多岐にわたる指摘があり、市としては可能な限り迅速に対処し、次なる災害に備えてまいります。

 今月12日には市主催の「令和元年東日本台風追悼式」を開催します。改めて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、この教訓を生かして「災害に強いマチ」を市民の皆さんと一緒に創ってまいります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469