メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

亀倉、ウォーホル、リクテンスタイン…
現代美術のアスリートたち
――所蔵オリンピックポスターによる

問い合わせ番号:15792-4948-7490 更新日:2020年3月16日

    
(左)アンディ・ウォーホル《スピードスケーター》(サラエボオリンピック・アートポスター)1983年
© 2020 The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc. / Licensed by ARS, New York & JASPAR, Tokyo C3202

(右) ヴィクトル・ヴァザルリ《1972年ミュンヘンオリンピック競技大会》1970年
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 C3202


ロイ・リクテンスタイン《1984年ロサンゼルスオリンピック競技大会》1982年
© Estate of Roy Lichtenstein, New York & JASPAR, Tokyo, 2020 C3202 

オリンピックを機に制作される「オリンピックポスター」。その範疇には、大会のエンブレムやロゴをあしらい、大会の理念やイメージを発信する「オフィシャル(公式)ポスター」、あるいは同時代の名だたる芸術家によって制作される芸術性の高い「アートポスター」、さらには開催地の文化を紹介するために作られる「カルチャーポスター」などが含まれます。当美術館では開館以来、ミュンヘン大会(1972年)、ロサンゼルス大会(1984年)、サラエボ大会(1984年)、ソウル大会(1988年)の「アートポスター」を中心に、70点余りのオリンピックポスターを収蔵してきました。

本展覧会では、当館で所蔵する1972年ミュンヘン大会、1984年ロサンゼルス大会、1984年サラエボ大会のアートポスター、1988年ソウル大会のカルチャーポスターを、3つの会期で網羅的に紹介します。さらに第3期(428日~)には、市内所蔵者の方からお借りした1964年東京大会公式ポスター1号〜4号を一挙に特別展示します。

シンプルにスポーツの一瞬を切り取るポスターから、謎めいていて意味深長なポスターまで、そして具象的なものから抽象的なものまで、アーティストによってオリンピックへのアプローチは様々です。また同時に、ポスターは時代の雰囲気を不思議と反映しています。時代の最先端を駆け抜けた「現代美術のアスリートたち」の競演をお楽しみください。

会期

2020年3月17日(火)から5月17日(日)まで

会期を3期に分け、作品の入れ替えを行います(常時約20点を展示)。
第1期:3月17日(火)~4月5日(日)
第2期:4月7日(火)~4月26日(日)
第3期:4月28日(火)~5月17日(日)

出品作品

各会期の出品作品はページ下部の作品リストをご覧ください。

休館日

毎週月曜日
ただし、5月4日(月)は開館し、5月7日(木)は休館

開館時間

午前9時30分から午後5時まで

会場

いわき市立美術館1階ロビー

観覧料

無料

会期中の催し

スライドトーク「スポーツとアートの意外な関係」

日時 5月2日(土)午後2時~3時
会場 いわき市立美術館3階セミナー室
講師 担当学芸員
※聴講無料、予約不要(先着50名)

展示中のオリンピックポスターの解説に加え、芸術の祭典としてオリンピックがいかに機能してきたのか、その歴史を振り返ります。

主催者

いわき市立美術館

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

開催日:2020年3月17日 から 5月17日開催しない日:
2020年3月23日
2020年3月30日
2020年4月6日
2020年4月13日
2020年4月20日
2020年4月27日
2020年5月7日
2020年5月11日

お問い合わせ

教育委員会事務局 美術館
電話番号:0246-25-1111
ファクス番号:0246-25-1115