メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

臨時市長記者会見(令和元年11月11日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15735-4925-0268 更新日:2019年11月11日

臨時市長記者会見

発表内容

 20191111

日時

令和元年11月11日(月) 午後5時から

場所

災害対策本部プレスルーム

案件

市長コメント

 皆さん、お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
 本日の案件は、
  〇 台風19号の被災に係る「黙とう」の実施について
  〇 平窪現地対策事務所の移転について
の2件であります。

 はじめに「台風19号の被災に係る『黙とう』の実施について」であります。
 本市におきましては、先月10月12日から13日にかけて到来した台風19号の影響による記録的な大雨と河川の決壊等により、尊い命が失われるとともに、多くの家屋が浸水等の被害を受け、今なお多くの方々が不安な気持ちを抱えながら、大変な生活を送っております。
 このような中、市といたしましては、被災から1ケ月を迎える11月13日に、亡くなられた方々に対する哀悼の意を表するため「黙とう」を捧げるとともに、ご遺族や被災された方々へのお見舞いの意を表することといたしましたので、お知らせ申し上げるものであります。

 次に「平窪現地対策事務所の移転について」であります。
 今回の台風19号により甚大な被害を受けました地域の早期復旧と被災された方々の生活再建を支援するため、平第四小学校と赤井公民館に現地対策事務所を設置し、各種支援物資等の配布やカーシェアリング、高圧洗浄機、電動アシスト自転車等の貸出しの受付け、各種情報提供や関係機関との連絡調整等の業務を実施しているところであります。
 この度、平窪現地対策事務所につきましては、11月20日に、平第四小学校からいわき市立平窪公民館の敷地内に移転することが決定いたしましたので、お知らせ申し上げるものであります。

 案件については以上でありますが、最後に、り災証明書の状況について、ご報告させていただきます。本市におきましては、11月1日から、り災証明書の発行を開始しているところであります。り災証明書の発行件数につきましては、11月7日現在では、1,507件でありましたが、昨日11月10日現在では、3,105件となったところであります。
 り災証明書は、被災された市民の皆様が生活再建に向けた一歩を踏み出すための重要な証明書でありますので、市といたしましては、引き続き、速やかに発行できるよう、り災証明書の発行事務に万全を期してまいります。

 本市におきましては、今後とも、一日も早い被災された皆様の生活や生業の再建と復旧に向けた各種施策等に、全力を挙げて取り組んでまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。
私からは以上であります。
 詳細については、後ほど、危機管理監から説明申し上げますのでよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469