メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

臨時市長記者会見(令和元年10月30日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15724-7782-1789 更新日:2019年10月30日

臨時市長記者会見

発表内容

 20191030

日時

令和元年10月30日(水) 午後5時から

場所

災害対策本部プレスルーム

案件

市長コメント

 皆さん、お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
 私から冒頭、現在の対応状況等について、ご報告させていただきます。

 はじめに「台風第19号の激甚災害等の指定について」であります。
 本市をはじめ、全国各地に大きな被害をもたらしました台風第19号については、激甚災害及び大規模災害復興法に基づく非常災害に指定されることが、昨日、閣議決定されたと報告を受けております。今回の決定に関しまして、ご尽力いただきました関係省庁をはじめ、関係各位に心より御礼を申し上げます。
 河川や道路などに甚大な被害が発生した本市におきましては、今回の災害指定に伴いまして、国のさらなる財政支援を受けることが可能となるほか、自治体が管理する道路等の復旧を国が代行して実施できるなど、今後の早期復旧に一層弾みがつくものと考えております。

 次に「避難所におけるノロウイルス感染症の発生と対応について」であります。台風第19号の豪雨災害により、避難所として開設しております中央台公民館で発生しましたノロウイルス感染症の件につきましては、昨日、確認後、速やかに情報提供をさせていただきました。
 生活環境の変化など、慣れない避難生活の中で、避難者の一部の方が感染症を発症したことにつきましては、市として感染予防策が十分に行き渡らなかった点があったものと受け止めており、大変心を痛めております。今後は、各避難所に保健師及び医療センターの看護師を配置し、避難されている方々の健康状態に十分に目を配るとともに、医療機関の受診や、手洗いの徹底を励行していただくようお願いするほか、日常の健康相談や各種感染症の予防策の周知、さらには、避難所内の衛生環境の保全に十分配慮するなど、各避難所において感染予防策を徹底してまいります。

 次に「水害ごみ撤去強化期間について」であります。今のいわき市の最大の課題は、水害ごみの撤去であります。水害ごみにつきましては、現在、自衛隊の皆様をはじめ、関係機関等の協力を得ながら、鋭意撤去に努めているところではありますが、未だ路上に積み上がっている臨時集積所が多く見られますことから、11月2日から11月4日の3連休を水害ごみ撤去の強化期間とすることといたしました。商工会議所や商工会等を通じて、市内の企業等にご協力を呼びかけるとともに、11月3日には、市内全域から消防団員約280名、消防団車両約70台が参加して、集中的に水害ごみの撤去を行います。既に、報道機関の皆さんには、ボランティアの不足について発信していただいているところでありますが、今週末に向けた水害ごみ撤去強化期間についても、さらなる周知をお願いいたします。

 最後に、市内外の各方面から多くの義援金をいただいており、皆様のご厚意に深く感謝申し上げます。皆様のご厚意、ご期待に応えるべく、被災された皆様の1日も早い生活再建に向けまして、職員一丸となって、早期の復旧に取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

 私からは以上でありますが、災害対策本部会議の詳細については危機管理監等から説明を申し上げますので、よろしくお願いいたします。 

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469