メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

臨時市長記者会見(令和元年10月25日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15719-9083-5202 更新日:2019年10月25日

臨時市長記者会見

発表内容

 20191025

日時

令和元年10月25日(金) 午前11時から

場所

災害対策本部プレスルーム

案件

市長コメント

 皆さん、お集まりいただきまして、ありがとうございます。
 私から冒頭、災害対策に関し、現在の対応状況等についてご報告させていただきます。

 はじめに、「大雨に対する備えについて」であります。
 低気圧や湿った空気の影響により、本市において、本日25日から明日26日未明にかけて、雷を伴う非常に激しい雨が降ることが予想されております。市では市民の皆様に対し、早めの避難行動をとっていただくため、本日午前9時、市内全域に避難準備・高齢者等避難開始を発令いたしました。市といたしましては、今後の気象状況を注視しながら、万全の対策を講じてまいりたいと考えております。市民の皆様におかれましては、命を守る最善の行動を取っていただくとともに、ご近所同士でお声をかけていただき、避難所などの安全な場所へ早めに避難を行っていただきますようお願いいたします。

 次に「ボランティアの協力について」であります。
 浸水被害が大きかった平の平窪及び赤井地区、小川地区におきましては、平浄水場による断水が続いておりましたが、平浄水場の復旧作業が進むにつれて、通水エリアが徐々に広がっているところであります。水が通ったということで浸水被害に見舞われた各家庭では、ゴミ出しに加え、泥出し等の作業が行われている状況にあります。このような中、市といたしましては、泥出し等の作業の効率を向上させるため、高圧洗浄機を平窪及び赤井の現地対策事務所、好間支所に各6台、小川支所に4台を配置し、昨日の24日から貸し出しを開始したところであります。利用状況につきましては、昨日現在の実績で、平窪で延べ7台、赤井で延べ6台、好間で1台、小川では利用がなかったということでありますが、泥出し等の作業に高圧洗浄機を必要とされている方々が数多くいらっしゃることが分かりました。今後におきましても、被災された市民の皆様のニーズに応じ、適切に対応して参りたいと考えております。
 今後の課題といたしましては、浸水した家屋等の後片付け、泥出し等に携わるマンパワー・ボランティアの方々の確保であると考えております。市といたしましては、市社会福祉協議会と連携して、市災害ボランティアセンターを立ち上げ、ボランティア依頼の相談を受けるとともに、災害ボランティアの活動をしてくださる方々の受け入れ、そしてマッチングを行っているところであります。
 また、27日の日曜日には、浸水した地域を対象に、消防団による水害ゴミの収集運搬が行われることとなっております。市内全域から消防団員約280名が、約70台の消防団車両を使って、臨時集積所から仮置き場の小川市民運動場まで搬入するものであり、このような活動に心から感謝を申し上げる次第であります。
 本日は、雨の影響でボランティア活動を休止しましたが、明日、明後日の土・日曜日は、雨が降らない予報となっておりますので、ボランティアの皆様には、ぜひ、市災害ボランティアセンターを通しまして、本市を支援していただければ大変ありがたく存じます。報道機関の皆様にも情報の発信につきまして、ご協力をいただきますようお願いいたします。

 私からは以上でありますが、本日の災害対策本部会議を経て、皆様にお示しする事項については、危機管理監等から説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469