メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

臨時市長記者会見(令和元年10月24日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15719-6779-0582 更新日:2019年10月24日

臨時市長記者会見

発表内容

 20191024

日時

令和元年10月24日(木) 午後6時30分から

場所

災害対策本部プレスルーム

案件

市長コメント

 皆さん、お集まりいただきまして、ありがとうございます。
 私から冒頭、発災から13日が経過いたしました現在の対応状況等について、ご報告をさせていただきます。

 はじめに、皆様にお知らせする案件は、台風19号により被災された市民の皆様に対する「住宅の支援について」であります。10月19日に情報提供いたしました、住宅が被災された方に対する、市・県営住宅等を一時的な避難先として提供する件に加えまして、新たに二つの制度を開始いたしますので、お知らせいたします。
 一つ目は「住宅の応急修理制度について」であります。この制度は災害救助法に基づき、被災した住宅について、一世帯当たり59万5千円を限度に、日常生活に必要な部分の応急的な修理を実施するものであります。
 二つ目は「民間賃貸住宅借り上げ制度について」であります。この制度も災害救助法に基づき、被災された方への応急的な住宅として、民間賃貸住宅を借上げ、無償で入居いただくものであります。
 これら二つの制度につきまして、10月28日より受け付けを開始いたしますので、お知らせいたします。なお、市・県営住宅等の一時提供につきましては、本日、募集する団地及び戸数を発表させていただきましたので、ご確認をいただくようお願いします。

 次に、連日、国会議員の方々が現地視察のため本市を訪問されているところでありますが、本日も社会民主党の全国調査団災害対策部会長であります、参議院議員の吉田忠智氏が、本市を視察されました。今回も私から、大災害に見舞われた本市の現状を説明させていただくとともに、特段のご支援をいただけるよう要望させていただきました。特に、被災された方々のためのお住まいの確保について、強く要望させていただいたところであります。そして、その先の支援といたしまして、借り上げ住宅等に入居した後、生活する上で必要となる電化製品等の支給についても、特段の配慮を取っていただけるよう要望させていただきました。

 最後に「今後予想される大雨に対する備えについて」であります。低気圧や前線の影響により、本市におきましては、明日25日の朝から雨が降り始め、激しい雨が降るところもある見込みであります。市といたしましては、気象状況を注視するとともに、河川の水位の監視や土砂災害警戒区域等の状況確認、さらには消防団と連携した情報発信などに、万全の対策を講じてまいりたいと考えております。市民の皆様におかれましても、気象庁や本市等から発信される最新の気象情報等を、常にご確認くださるようお願いいたします。

 本日の災害対策本部会議を経て皆様にお示しする事項については、危機管理監等から説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469