メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

臨時市長記者会見(令和元年10月19日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15715-3598-1944 更新日:2019年10月19日

臨時市長記者会見

発表内容

 20191019

日時

令和元年10月19日(土) 午後5時から

場所

災害対策本部プレスルーム

案件

市長コメント

 皆さん、お集まりいただきまして、ありがとうございます。
 発災から8日目が経過いたしました。昨日は、今朝方に予想された大雨に備え、市民の皆様に早めの避難行動をとっていただくため、昨日14時30分に避難準備・高齢者等避難開始を発令し、16時には、河川堤防の被災が心配される平、内郷、遠野、小川、三和地区を対象に、避難勧告レベル4を発令いたしました。幸いにも大雨になる恐れがなくなり、土砂災害及び河川氾濫の危険性が低くなったことから、本日14時10分に避難準備・高齢者等避難開始及び避難勧告を解除いたしました。実際に避難行動をとっていただいた市民の皆様には、疲労が重なっていることと思います。しかしながら、地盤が緩んでいる箇所があり、災害が発生しやすくなっておりますことから、市では引き続き、気象情報を注視し、市民の皆様の安全を第一に考え、早め早めの避難情報の発令をしてまいりたいと考えております。

 本日から、被災された方を対象とした、り災証明書の申請窓口を開設したところであります。大変多くの皆様にお越しいただいており、各窓口が大変混雑いたしました。対応しきれず、終了時間を待たずに、受付を終了せざるを得ない状況となってしまいました。ご迷惑をおかけしましたことに対しまして、心からお詫びを申し上げます。今後は体制を整えまして、適切に対応してまいります。

 また、水害ごみについては、本日から災害廃棄物の仮置き場を小川市民運動場に設置するとともに、明日からは集積所への消毒作業を実施することとしました。被災地区の生活環境への影響を少しでも低減させることに繋がると考えております。

 また、いわきゆったり館及び田人おふくろの宿において、入浴を当面の間、無料開放することといたしました。

 次に、災害ボランティアセンターにおきましては、ボランティアの依頼相談が数多くありまして、専用電話回線を追加して対応している状況にあります。本日は大雨による避難勧告が発令されたこともあり、ボランティアの皆さんの活動が休止となりました。そのような中ですが、直接、現地に赴き頑張っているボランティアの方がたくさんいらっしゃいました。多くのマンパワーが必要です。是非、保険等の問題もありますので、ボランティアセンターを通しまして、本市を支援していただければ、大変ありがたいです。

 最後に、陸上自衛隊による入浴サービス、炊き出し支援が、平第四小学校で展開され、さらに、独立行政法人海技教育機構の練習船「青雲丸」が小名浜港で入浴支援を展開したところであり、大変心強く感じております。

 このように、様々な支援の輪が広がっており、こうした期待に応えるべく、市役所一丸となって、今後も頑張ってまいります。
 本日の会見で皆様にお示しする事項につきましては、後ほど担当から説明いたしますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469