メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成31年4月23日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15559-1700-3152 更新日:2019年4月23日

市長記者会見

発表内容

 20190423

日時

平成31年4月23日(火) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1. 令和元年皇室写真パネル展の実施について
  2.  「オリンピックコンサート2019inいわき」の開催について
  3. 「第2回ご当地タニタごはんコンテスト ~ヘルシー郷土料理で健康まちおこし」北海道・東北予選大会の本市開催について
  4. 平成31年度いわき市次世代自動車導入促進補助制度の実施について
  5. 「第二次いわき市都市計画マスタープラン(素案)」及び「いわき市立地適正化計画(素案)」に対する市民意見の募集について

市長コメント

 会見に先立ちまして、改めて、ケーシー高峰様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げます。
 ケーシー高峰様は、俳優や医事漫談の第一人者として全国区での芸能活動を続ける傍ら、平成11年7月から「サンシャイン大使」、平成26年5月からは「いわき応援大使」として、本市のPRや震災からの復興に多大なるご尽力を賜りました。
 また、本市では、各種講演会などで、長年にわたり、地域医療を支える市民意識の醸成などに多大なる貢献をされ、平成29年10月には、いわき市市政功労者表彰・教育文化功労賞を受賞されました。
 これまでのケーシー高峰様のご功績に、心より感謝申し上げますとともに、生前を偲び、改めて衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 次に、本日から本庁舎等において開始いたしました市職員の健康づくりの推進に向けたラジオ体操の実施についてご紹介いたします。
 ご承知のとおり、本市では本年を「いわき市健康元年」と位置付け、市民の健康づくりを全市的な取り組みとして、推進することとしております。
 そこで、市も一事業者として、職員の健康づくりに積極的に取り組むこととし、開庁日の始業前にラジオ体操を実施することといたしました。
 今後におきましても、市民の皆様の健康長寿の実現に向けたさまざまな施策を展開してまいりますが、市といたしましても率先して実行してまいりたいと考えております。

 さて、本日の案件は、

  • 令和元年皇室写真パネル展の実施について
  • 「オリンピックコンサート2019inいわき」の開催について
  • 「第2回ご当地タニタごはんコンテスト ~ヘルシー郷土料理で健康まちおこし」北海道・東北予選大会の本市開催について
  • 平成31年度いわき市次世代自動車導入促進補助制度の実施について
  • 「第二次いわき市都市計画マスタープラン(素案)」及び「いわき市立地適正化計画(素案)」に対する市民意見の募集について

    の5件であります

 はじめに「令和元年皇室写真パネル展の実施について」であります。
 本市におきましては、これまで多くの皇室の方々にお越しいただき、温かい励まし等を賜ってきたところであります。
 来月1日、新天皇が即位され、令和元年を迎えることを記念し、天皇皇后両陛下の行幸啓をはじめ、いわき市とのゆかりを紹介するため、写真パネル展を実施するものであります。
 来庁される皆様をはじめ、多くの市民の皆様にご覧いただきたく、本日はその概要についてお知らせ申し上げるものです。

 次に、「『オリンピックコンサート2019inいわき』の開催について」であります。
 オリンピックコンサートは、6月23日のオリンピックデーを記念して世界各地で展開されているオリンピック・イベントの一環として、長野冬季五輪前年の1997年から開催されており、JOC・公益財団法人日本オリンピック委員会が主催する日本独自のイベントであります。
 本コンサートは、オリンピアンや著名人などをゲストに迎え、オリンピックの貴重な歴史的映像とフルオーケストラの奏でる壮大なシンフォニーの融合による一夜限りのコラボレーションコンサートとなっております。
 また、本市での開催は東北初となる開催であり、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた機運醸成を図ることはもとより、真の復興に向かって力強くまい進する本市の姿を日本全国に発信するとともに、世代を超えて感動を再び体感し共有することにより、オリンピックの精神を次の世代へ継承する好機となるものと考えております。
 つきましては、「オリンピックコンサート2019inいわき」を7月20日、いわき芸術文化交流館アリオスにおいて開催することとなりましたので、本日はその概要についてお知らせ申し上げるものです。

 次に、「『第2回ご当地タニタごはんコンテスト』北海道・東北予選大会の本市開催について」であります。
 本コンテストは、健康的かつ地域の新たな食の可能性を創造し、郷土料理の調理法や歴史を次世代に継承していくことを目標に、郷土料理を健康という視点から現代風にアレンジしたレシピを全国から募り、本コンテストを通して郷土料理を継承するとともに、新しい地域の特産品として広く認知、普及させ、地域の活性化に結び付けることを目的に開催するもので、今回で2回目の開催となります。
 本コンテストは全国5つのブロックで予選大会が行われることになりますが、本市におきましては、本年を「いわき市健康元年」と位置付けていることなどから、予選大会を誘致した結果、本市が北海道・東北大会の開催地となったところであり、市といたしましても、エリアパートナーとして後援しております。
 本日は、本コンテストへの参加募集について、広く市民の皆様にお知らせするため、その概要について説明申し上げるものです。

 次に、「平成31年度いわき市次世代自動車導入促進補助制度の実施について」であります。
 本市では、「次世代エネルギー社会の構築」、「原子力に依存しない持続可能なまちづくり」に向け、利用段階で二酸化炭素を排出せず、エネルギー効率が高いうえに、災害時にも利用できるなど、次世代エネルギーの一つとして期待される水素等の利活用を促進するとともに、水素利活用に係る意識醸成を図るにあたり、市民の皆様や市内事業者への燃料電池自動車及び電気自動車の導入支援を行うため、購入費用の一部を補助することとしております。
 つきましては、本日4月23日から申請受付を開始することといたしましたので、本日は、本事業の概要について、改めてお知らせ申し上げるものであります。

 最後に、「『第二次いわき市都市計画マスタープラン(素案)』及び『いわき市立地適正化計画(素案)』に対する市民意見の募集について」であります。
 本市では、今後の急速な人口減少や超高齢社会の到来などに対応し、将来にわたり持続可能な都市運営の実現を図るため、「第二次いわき市都市計画マスタープラン」及び「いわき市立地適正化計画」の策定を進めております。
 両計画は、本年10月から概ね20年間を計画期間とし、「市街地内の人口密度の維持」や「持続可能な公共交通ネットワークの構築」などの本市が抱える都市の課題解決を図り、市民の皆様からも市外の方からも“選ばれるまち”づくりを進めるための将来ビジョンを示すものであります。
 つきましては、先月26日に開催しました「第4回第二次いわき市都市計画マスタープラン等策定委員会」において、両計画の素案が取りまとめられたことから、市民の皆様のご意見を両計画に反映させるため、広く意見募集を実施いたしますので、その概要についてお知らせ申し上げるものです。

 私からは以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469