メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

市長記者会見(平成31年4月2日)での市長コメント等について

問い合わせ番号:15541-7215-9355 更新日:2019年4月2日

市長記者会見

発表内容

 20190402

日時

平成31年4月2日(火) 午前11時から

場所

第3会議室

案件

  1.  平成31年度の執行体制について
  2. 「東京キャラバンinいわき」の開催について

市長コメント

 本日の案件は、

  •  平成31年度の執行体制について
  • 「東京キャラバンinいわき」の開催について

    の2件であります

 はじめに「平成31年度の執行体制について」であります。
 東日本大震災により、前例のない複合災害に見舞われた本市は、市民の安全・安心を最大限に確保し、震災前にも増して活力に満ち溢れた、「明るく元気ないわき市」を目指して、各種施策に引き続き取り組む必要があります。
 とりわけ、平成31年度は、「ふるさといわきの復興の総仕上げ」と復興の先を見据えた「いわき新時代」に向けて魅力あふれるいわきの創生を着実に推進していくことが求められています。
 このようなことを踏まえ、平成31年度の定期人事異動においては、職員の持つ知識、能力、経験等を最大限に活かすとともに、復興・創生事業はもとより、共創のまちづくりに向けた政策課題に積極的に取り組む意欲をはじめ、政策形成能力や判断力、さらには、実行力等を十分に見極めながら、能力主義、適材適所主義を基本に据えた人事異動を実施いたしました。
 また、女性活躍推進法の趣旨を踏まえ、これまで以上に女性職員の能力発揮の機会拡大や能力開発を図る観点から、可能な限り女性職員の登用を図ったところであります。
 本日は、4月1日付けで任命しました新任部長等を紹介いたします。
 昨日、新たな元号が「令和」と発表され、まさに新時代の幕開けとなります。
 今後におきましても、市民の皆様とともに、共創のまちづくりを更に推進しながら、市民の皆様が住みやすい、住み続けたいと思えるように、私もこれまで以上に情熱と気概を持って「明るく元気ないわき市」を目指してまい進してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。
 
 次に、「『東京キャラバンinいわき』の開催について」であります。
 「東京キャラバン」は地域の伝統芸能の担い手を巻き込み、それぞれ異なるアーティストと交わることで新しい表現を探り、ひとつのパフォーマンスを創作しながら日本全国を巡る、いわば「旅する文化サーカス」であり、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催における文化プログラムを先導する東京都のリーディングプロジェクトです。
 本事業は平成27年度から全国各地で開催されているところですが、事業主体である公益財団法人東京都歴史文化財団・アーツカウンシル東京から本市が平成31年度の開催地として選定されたものです。
 具体的な内容といたしましては、劇作家・演出家そして役者でもある野田秀樹氏の監修のもと同キャラバンのアーティストである近藤良平氏を中心として、スパリゾートハワイアンズダンシングチームや上三坂やっちき踊り保存会、じゃんがら念仏踊りの下綴青年会など、本市にゆかりのあるアーティストや伝統芸能継承者と共にひとつのパフォーマンスを創作し、その集大成として5月19日にアクアマリンパークにおいて作品を披露する予定となっております。
 本日はその開催概要についてお知らせ申し上げるものです。
 本開催を本市における東京2020大会の機運醸成の絶好の機会にするとともに、新たに生まれる文化・表現を東京2020大会後のレガシーとして地域の文化振興に役立ててまいりたいと考えております。

 私からは以上であります。

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469